迎春

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、拙い当ブログを訪問、記事を読んでくださりまことにありがとうございました。

本年もマイペースながら、更新を続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。




三津田信三 『凶宅』他感想…

 すっかり寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 炬燵にすっぽりと入って本を読むのは至福ですが、寒いのは嫌です。
 
 それでは、今回の分の紹介と感想です。

新刊
・三津田信三     『凶宅』              ☆3.5
・小川哲        『ユートロニカのこちら側』   ☆3.5

既刊
・乙野四文字     『僕が愛したすべての君へ』  ☆3.5
・――          『君を愛したひとりの僕へ』   ☆3
・今邑彩        『そして誰もいなくなる』     ☆4
・城平京        『名探偵に薔薇を』        ☆3.5
・内藤了        『猟奇犯罪捜査班 ZERO』   ☆3
・――          『猟奇犯罪捜査班 ONE』    ☆2.5
・太宰治        『走れメロス』            ☆3.5


感想


『凶宅』
 久々の三津田作品。『禍家(まがや)』に続く「家」シリーズの第二作品。 引っ越した先の新しい我が家にはナニカがいる。憑かれた家に住むことになった子供の家族を守る戦いを描く。 なお、第三作は単行本で12月21日発売とのこと。
 嫌~な、嫌~なお話でした。今回は特に、最後のやるせなさが…。あんなに頑張ったのに。主人公と友人の少年との解決を求めての奮闘は、『学校の怪談』のようで面白かった。 婆さんが怖いw

『ユートロニカのこちら側』
 SF作品。 ユートピア社会の光を影を、複数人物の視点から描き出す。
 個人的には3話目と4話目が気に入る。 が、どれももうひと押し足りないような話が多かった。「だからどうした」と。そこからもう少し掘り下げてみて欲しかった。 あとは徐々に明かされていくユートピア社会「アガスティア・リゾート」が、どこかで見たモノの焼き直しでしかなかったように思われるところも残念。とくに『PSYCHO PASS』に近しいものを感じた。
 二作目(『ゲームの王国』)が発売されているのですが、単行本上下二冊を買うのはためらう。

『僕が愛したすべての君へ』、『君を愛したひとりの僕へ』
 並行世界が実証され、行き来さえする世界でのラブストーリー。
 『君を愛したひとりの僕へ』は、『僕が愛したすべての君へ』よりも面白さが落ちる。
 『僕が~』が、パラレルワールドが実在する世界でのラブストーリーを正面から扱い、素直に面白い。
 『君を~』は、『僕が~』と世界観、主人公、登場人物のほとんどを重ねつつ、ストーリー展開を変えてある「並行世界的な別展開の世界」の話。なので、『僕が~』を楽しんだ身としては『君を~』はイマイチ。ストーリーも、ドキドキもワクワクもなく、淡々と進む。さらには主人公の独善的な性格が宜しくない。『僕が~』も大概といえば大概だが、まだあちらは可愛げがある。
 読むのなら時間を空けて両方を読むか、『僕が~』のみがおススメかと。

『そして誰もいなくなる』
 ご存知クリスティーの『そして誰もいなくなった』を本歌取りした作品。
 学校の式典で、『そして誰もいなくなった』を上演中、舞台上で生徒が実際に死亡する。それに続くかのように、筋書き通りに次々と演劇部の生徒が殺されてゆき…。 とまあ、クリスティー作品の様に展開していくわけですが…。というところが見どころ。 
 本家『そして誰もいなくなった』を読んだことがなくとも楽しめるかと思います。読後の感想だと、坂口安吾『不連続殺人事件』も思い出してみたりしました。

『名探偵に薔薇を』
 不気味な童話『メルヘン小人地獄』を軸に展開される事件を中心にして、時間軸の前後という珍しい形の二部構成をとったミステリー。
 『虚構推理』の作者さんのデビュー作ですが、本作は王道の推理もの。
 構成の妙も面白さを増していますが、事件解決に至るまでの推理パートも見事でした。探偵役のシニカルな雰囲気もイイ味を出してる。第二部の事件の背景と、『メルヘン小人地獄』にまつわるあれこれのエグさを除けば最高でした

『猟奇犯罪捜査班』

 暫くご無沙汰だったシリーズものの続編。 個人的にどうも好ましくない方向に向かっていそうだったので、寝かせて置いたシリーズが、中古で発見したので読んでみた。 犯罪の猟奇性にばかり注力しすぎて、警察小説の部分、ミステリー的な部分がおろそかになっていませんか、と。
 まぁ、そのとおりでしたが。 依然捕まえた連続殺人鬼、バッファロー・ビルみたいな犯人が脱獄したという展開があったものの、最後にあっさりと退場するという微妙さ(お粗末さとは言うまい)。

『走れメロス』(新潮文庫版)
 といいつつ、併録作の『女生徒』が読みたいがために買った本
 『女生徒』が読みたかったのは、以前紹介した北村薫『太宰治の辞書』で取り上げられていて、なおかつ未読だったから。
 太宰のもとの送られてきたある女子学生からの手紙をもとに書いたためか、文体が太宰っぽくない。が、そこに面白みを感じて読むことにした作品。軽妙だけれど軽佻ではない、独特な独白文が面白かった。
 因みにほかの収録作は、『富岳百景』、『東京八景』、『駈け込み訴え』、『ダス・ゲマイネ』、『満願』、『帰去来』、『故郷』。


 今回はこの辺で。
 それではまた。

月村了衛 『自爆条項 上・下』他感想…

 遅くなりましたが、今回の分の紹介と感想です。

新刊
 コミックス
・末次由紀     『ちはやふる 36』         ☆3.5
・Koi         『ご注文はうさぎですか? 6』   ☆3.5


既刊
・月村了衛     『機龍警察 自爆条項 上・下』       ☆4
・藤木稟    『バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ』  ☆3
・P.コーンウェル  『証拠死体』                   ☆3.5
・D. アーモンド   『肩甲骨は翼のなごり』            ☆4
・J. ディーヴァー  『コフィン・ダンサー 上・下』         ☆3.5


感想


『ちはやふる』
 クイーン戦東日本予選準決勝・理音戦。体力も付き、死角がほぼなくなった理音に苦戦する千早と、相変わらずドM 戦法な太一。今後は、どうにか千早がクイーン戦進出、東西代表決定戦で新と太一が一先ず雌雄を決するんでしょう。周防さんとの名人戦はおまけになりそうですが(苦笑)。とは言え、まだあと数巻以上はかかるでしょうからまだまだ楽しめそうです。

『ごちうさ』
 青山担当編集・凛さんが、本格参戦の模様。ハロウィーン~クリスマスまでの秋冬イベント回。

『自爆条項』
 「機龍警察」シリーズ続編。 今回は特捜部の三人のうち、ライザに焦点を当てた話となっています。 彼女が如何にしてIRF(IRAの武闘派分派という設定の模様)所属のテロリストから、現在の日本の警視庁の特捜部入りを果たしたのか。
 スケールが前回よりも拡大しましたが、ストーリーは薄まるどころかより詰まっていて素晴らしかった。濃ゆいです。そして、SFに偏り過ぎず、警察小説作法に偏り過ぎず、絶妙な読みやすさの作品に仕上がっているところもまた素晴らしいです。
 続編が読みたいところですが、まだ文庫化されていない模様。出来れば文庫で集めたいので、待ちでしょうか(我慢できずに単行本で買うかもしれませんが)。

『千年王国のしらべ』
 シリーズ4作目。 今回の調査は、イエス・キリストと同じく、死して後3日に復活したとされるアントニウス神父の調査。「よくまぁ、こんなにネタが浮かびますね」と感心します。キリスト教に関する知識や科学的知識の扱いが上手。オカルトに堕していないところが良い。 次巻以降も買いました。

『証拠死体』
 「ケイ・スカーペッタシリーズ」の第二作。今回は、殺人を示唆している恐喝者を自ら招き入れたとしか思えない状況で殺害されていた女性作家の事件を、科学捜査を駆使して追う。 マリーの警部補とケイとのやり取りが、夫婦漫才のようで面白くて好きです。

『肩甲骨は翼のなごり』
 ファンタジー作品。児童書とのことですが、創元推理文庫から出版されています。 引っ越したばかりの古い家のボロボロのガレージの隅で出会った「彼」と隣の家の少女ミナとの、不思議な体験を描く。 「彼」ことスケリグの背中には翼のようなものが…。
 読後は、懐かしい気分や優しい気持ちになれること請け合い。是非読んで、主人公マイケルの一生懸命さ・健気さに胸を打たれ、ミナの子供らしからぬ物言いに度肝を抜かれたり、スケリグの謎に思いをはせましょう。
 「旨し糧。神々の神酒。」、「27番と53番」。

『コフィン・ダンサー』

 「リンカーン・ライムシリーズ」の第二作。「コフィン・ダンサー」と呼ばれるプロの殺人犯による証人殺害を防ぐべく、ダンサー逮捕にライムとサックスのコンビが挑む。
 ダンサーとライムの知力を尽くした勝負が一番の見どころ。全編通して二人の駆け引きに痺れます。保護対象の証人パーシーの胆力にも目を見張ります。序盤は分を弁えない身勝手な言い分にイライラしたこともありますが、終盤は応援していました。
 今回は、最後に色々と趣向が凝らされていてそちらも面白かったです。ミステリーとしては禁じ手の部類かも知れませんが、あまり気にはなりません。



 今回はこんなところです。
 いつもより少ないのですが、他に福沢諭吉『学問のすゝめ』、新渡戸稲造『武士道』などを読んでおりました。『証拠死体』なども厚かったので、少々時間を取られました。
 『学問のすゝめ』、『武士道』ともに一読をお勧めします。もっと早く読んでおくべきでした。


 それではまだ次回。

櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく』他感想…

 それでは、今回の分の紹介と感想です。どうぞ。

新刊
・櫛木理宇        『ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく』     ☆3.5

 コミック・ラノベ
・九曜           『佐伯さんと一つ屋根の下 3』      ☆3
・鏡貴也・山本ヤマト  『終わりのセラフ 15』            ☆3.5

既刊
・月村了衛        『機龍警察〔完全版〕』        ☆4
・道尾秀介        『シャドウ』               ☆4
・――           『水の柩』                ☆4
・――           『向日葵の咲かない夏』       ☆3.5
・藤木稟         『バチカン奇跡調査官 闇の黄金』  ☆3.5
・芥川龍之介      『奉教人の死』              ☆4
・石持浅海        『君の望む死に方』           ☆3.5
・久世光彦        『聖なる春』               ☆4


感想


『ホーンテッド・キャンパス』

 とある事情から「恋人のふり」をすることになった森司とこよみの、むやみやたらな初々しさに心を折られる巻(笑)
 今回は三篇。背表紙のあらすじに「依頼は禍々しさを増していた」とかありますが、いつも通り。収録作中では、行方不明になった中学生を探す話「罪のひとしずく」が良かった。

『佐伯さんと~』

 交際が始まって初めての夏休み、にもかかわらず特に何もなかった二人でした。その割に休み明けの若干唐突な、すれ違いイベントがあったりと、イマイチ盛り上がりに欠けるきらいあり。駆け足気味なのは、大人の事情でしょうか(売上的な)?

『終わりのセラフ』
 久しぶりの新刊。暮人のクーデターの顛末と、グレンによるいくつかのネタばらし。 二人(?)の四鎌童子とか、気になる話もちらほらと。キ・ルク戦は次巻。

『機龍警察』
 若干のSF要素とテロリズムが蔓延した近未来を舞台にしたSF警察小説。 『攻殻機動隊』ほどSFしておらず、『パトレイバー』や伊藤計劃作品がイメージとしては近いかと。
 警察小説・ミステリー小説的な要素もしっかりしており、SF要素は作品の彩りの一つぐらいの位置づけ。話の展開のテンポもよく、どんどん読まされた。 シリーズものなのでこれからどんどんスケールなども大きくなっていくのでしょうが、楽しみ。

『シャドウ』
 母の死後、後を追うように幼馴染の母親が自殺。それを皮切りに周囲に次々と不幸が舞い降りる。父とのささやかな幸せを願う少年がたどり着いた真相とは…。
 丁寧に巧まれた作品。作者の企みもそうだが、作中のある人物の決意と実行力にも感嘆する。タイトルの「シャドウ」は「影」ではなく、心理学用語。

『水の柩』
 家族小説、再生の物語。 主人公・逸夫(いつお)の祖母が吐いた「嘘」、同級生の敦子の「嘘」。二つの嘘が交差するとき、彼らのささやかだけれど確かな癒しが訪れる。
 単純に「イイ話だなぁ~」で終わってしまわないところがいいところ。現実を抉っていく深さがきちんとあるから、結末の救いと感動があるのかと。

『向日葵~』
 こちらは道尾さんの一番売れた(?)、有名作。ミステリー作品。
 が、個人的には上の二作品の方が面白く感じた。作品世界のシュールさを置いておけば、二転三転する話の展開は面白くはあった。終盤の展開というか明かされたタネは頂けなかった。割と禁じ手。

『バチカン奇跡調査官』
 シリーズ第三巻。今回は「首切り道化師」の伝説と、角笛の音が満ち光に包まれる協会の奇跡の調査。
 個人的には、このシリーズの面白さは奇跡の謎解き部分なので、いつもそれ以外は割と…。このシリーズでもフィクサーみたいな人物が登場するのですね。角川ホラーの編集さんは、ホームズとかが好きなのか? 私はそういう黒幕的なものは嫌いだし、興ざめなので、出てくるとウンザリします。
 『櫻子さん~』シリーズは、ウンザリしたので二作ぐらい前から購入ストップ中です。

『奉教人の死』(新潮文庫)
 表題作を含めた、芥川のいわゆる「きりしたんもの」を集めた短編集。表題作『奉教人の死』は何度読んでも素晴らしい名作ですが、今回読んだ中では、「報恩記」、「煙草と悪魔」などが面白かった。
 「報恩記」は、押し売り気味ではあるが自己犠牲精神を題材にした作品。『奉教人の死』にも通じるか。
 「煙草と悪魔」は、煙草伝来の話に材を採った、キリストの教えという善と煙草に代表させた悪の同時伝来を皮肉交じりに語った話。
 他の収録作も面白い。

『君の望む死に方』

 『扉は閉ざされたまま』に登場した碓氷優香の推理が冴えるミステリー作品。 社員に自らを「殺させようと」奮闘する社長の「最後の数日」を、サスペンス形式で描く、珍しい趣向の作品。 碓氷さんは、相変わらず壊れていてそこも良かった。
 ただし、殺されるのをまだかまだかと待ち焦がれる描写を延々観させられるのはなかなか退屈かもしれない…。

『聖なる春』
 土蔵に引きこもり、クリムトの贋作を書き続ける「私」と、不幸の香りをまとった女性キキとの、交流と愛の軌跡を描く奇譚。
 非常に面白かった。登場人物は、私とキキ、フランソワとキキの母ぐらいしかいないのに、作品の広さと深さはなんだろう。作品に終始漂う退廃の気配も、鬱屈とはしていないから、読んでいて嫌味がない。
 他の作品も読もうと思う。 唯一の難点は、クリムトの作品をカラーで収めるために作中に二枚挟まっている種類の違う紙のせいで若干読み辛いこと。


 他にも岩波文庫で読んだK. チャペック『ロボット (R. U. R.)』も良かった。「ロボット」という言葉を世界に送り出した作品。ロボットもの作品の要素のほぼすべてが詰まっている。

 それではまたノシ

森博嗣  『ペガサスの解は虚栄か?』 他感想…

 溜まり具合に合わせたので変なタイミングでの更新ですが、よろしくお願いします。
 それでは、今回の分の紹介です(;´・ω・)
 

新刊
・森博嗣       『ペガサスの解は虚栄か?』     ☆3.5
・北村薫       『太宰治の辞書』           ☆3.5

コミックス・ラノベ
・丸戸史明      『冴えない彼女の育て方 13』   ☆4.5
・川上稔        『境界線上のホライゾン 10上』  ☆4
・濱田浩輔      『はねバド! 11』           ☆4
・赤坂アカ       『かぐや様は告らせたい 7』    ☆4

既刊
・北森鴻       『緋友禅 旗師・冬狐堂』         ☆4
・神林長平      『七胴落とし』                ☆4
・歌野昌午      『新装版 動く家の殺人』         ☆4
・殊能将之     『鏡の中は日曜日 樒/榁』        ☆4
・機本伸司     『卒業カノン 穂瑞沙羅華の課外活動』 ☆3.5


感想


『ペガサスの解は虚栄か?』

 Wシリーズの最新刊。スーパーコンピューター・ペガサスから、疑似受胎機能を搭載したウォーカロンが逃走している可能性を提示されて出向いた先に待っていたものは…。
 良くも悪くもシリーズものの一作といったところ。今回はハギリの身辺の人間関係が少し変わった事ぐらいしか見どころがないかもしれません。そろそろ動きが欲しいところ。

『太宰治の辞書』

 まさかまさかの「円紫さんシリーズ」の最新刊。 『朝霧』で<私>が社会人として独り立ちしたところで完結したものと思っていたので、続編が読めるとは望外の喜び
 今回は、芥川・三島・太宰、三人の文豪を巡る<私>の探求の旅。書物と言葉を巡る考察と推理の妙は、変わらず面白い。が、シリーズでも時間を経過させているために、〈私〉と円紫師匠との関係もまた変化してしまっているところが、二人の関係性ややり取りが好きだった者としては少し寂しく感じた今回でした。〈私〉がおばさんに……。

『冴えない彼女の育て方』
 シリーズ完結巻。お疲れさまでした。
 話そのものは全巻までに完結しているので、今巻は最終巻なのにエピローグ。二人のイチャイチャっぷりを堪能してください(壁を殴りたくなること請け合い)。ゲーム作りや諸々の話題も回収して一応きれいに終わったのではないでしょうか。
 番外編なんかが今後出るかもしれないようなので(あとがき)、それはそれで楽しみかも。

『ホライゾン』
 捕まったら戦争の鬼ごっこ(「伊賀越え」の再現)でした。羽柴勢と武蔵勢との直接対決がいよいよ始まるわけですが、どう決着するのか想像できませんね。というか、後二巻(中・下)で終われるのでしょうか…? 最厚記録を更新するのか!
 今回は最後に爆弾が投下されたわけですが、それを読んで思いました。福島の父親は誰だろうか、と(○○の旦那になる人物)。糟屋の胸は隔世遺伝か、と。

『はねバド』
 狼森戦の決着と、三強の一角・益子戦の開始。選手として格上の益子相手に、どう立ち回って勝利をつかむのか楽しみです。もちろん負けるという展開でもいいですが、それはそれで話の作り方が難しそうです。
 綾乃Vs.益子の裏でひっそり行われている、なぎさVs.コニーの試合も気になる(本誌掲載)。

『かぐや様』
 生徒会選挙編。新キャラ・伊井野ミコ登場。柏木さんが巻き込まれて恥ずか死ぬお話も。
 今回のカバー下は、なぜか錯視…。なぜだ? あと、柏木さん被害者の会第一号の女子に6巻ぶりに台詞がありました。

『緋友禅』
 蓮杖那智シリーズにも登場する、冬狐堂さんを主人公に据えた古美術ミステリー。
 海千山千の世界を身一つで渡っていく冬狐堂さんの活躍を目にできます。蓮杖那智シリーズでは、スポット参戦で紙面での活躍の場面は限られていましたが、こちらでは十二分に堪能できます。 もう一編あるようなので、そちらも読もうと思います。

『七胴落とし』
 思春期までの人間が感応力(テレパシー)を持つ世界で、思春期の危うさを描くSF小説。 SFという要素を抜きにしても、思春期の孤立感、死への希求といったあの時期特有の揺らめきを描き、青春小説、思春期を描く小説としても成立している名作
 話はズレるが、『氷菓』の折木奉太郎の本棚にはこれが入っているそうな。イメージに合わないがw
 ※↑は、立ち読みした米澤穂信さんを特集したムック本に紹介されていた。

『動く家の殺人』
 信濃譲二シリーズ第三作。色々なところに仕掛けが施されていて、一筋縄ではいかない作品。読みやすい作品だが、犯人当てをしようと読むと引っ掛る。作者は『葉桜の季節に君を思うということ』の作者さんだということに気を付けましょうw

『鏡の中は日曜日』

 同時収録の「樒/榁」は、本編のサイドストーリー・後日譚の短編。
 前作『黒い仏』が悪い意味でぶっ飛んでいたので不安で今まで手に取らなかったのですが、今作は正統派の推理もので一安心。時を超えて二人の探偵によって解かれる謎という設定、巧まれた構成とどんでん返しで楽しませてくれました。

『卒業カノン』
 名作『神様のパズル』のスピンオフ・シリーズ最終巻。 紆余曲折を経てたどり着いた、ワタさんと沙羅華、二人の未来は…。
 とまぁ、最後に二人がどうなったのかが気になって買いました。個人的には、一連のスピンオフ作品があまり好きではなかったので、刊行から4カ月経った今更の読了という訳です。『神様のパズル』の様なドキドキ・ワクワク感が、スピンオフ作品ではほとんどなかったので楽しめなかったのです。
 とりあえず、二人の関係は遠回りして、やっと落ち着くべきところに落ち着いた感じです。頭のいいツンデレってメンドクサイですね。


 今回はこんなところです。
 シャーリー・ジャクスン『ずっとお城で暮らしてる』チャペック『ロボット(R. U. R.)』など、色々買ったのでそちらを読んでいきます。楽しみだ。
 
 それではまた次回。
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR