櫛木理宇 『ホーンテッドキャンパス』他感想

 少し遅くなりましたが、今回の分の紹介です。

新刊
・櫛木理宇      『ホーンテッドキャンパス 白い椿と落ちにけり』    ☆3
・福田和代      『プロメテウス・トラップ』                  ☆3
・D. グレゴリイ    『迷宮の天使 上・下』                   ☆3

 ラノベ
・大森藤ノ       『ダンまち ファミリアクロニクル ep. リュー』      ☆3
・葵せきな       『ゲーマーズ! 7』                      ☆4
・丸戸史明       『冴えない彼女の育て方 12』              ☆4

 コミックス
・石田スイ       『東京グール :Re 10』                   ☆3
・岩明均        『ヒストリエ 10』                       ☆4
・末次由紀       『ちはやふる 34』                     ☆4

既刊
・道尾秀介       『骸の爪』                ☆3
・皆川博子       『開かせていただき光栄です』    ☆4
・北村薫        『空飛ぶ馬』               ☆3.5
・――          『夜の蝉』                ☆3.5
・殊能将之       『黒い仏』                ☆3
・P. G. ウッドハウス  『ジーヴズの事件簿』         ☆4


感想

『ホーンテッドキャンパス』
 今回は中編3編。 3編とも毛色が違う作品になっています。個人的には、2話目「夜ごとの影」が好きでした。ちょっと毛色が違う、感動ものでしたが厭味ったらしくなく、ホラー要素も利いていて好きです。

『プロメテウス・トラップ』
 ハッカー小説。連作短編という形をとった実質的には長編小説w その構成のおかげか、落ち着きのない作風。一つ一つの短編に一応それぞれのオチがあるのでなおさら。連載作品を書籍化したものだそうなので、それもむべなるかなですが。
 内容としてはよくあるタイプのハッカー小説でした。主人公のハッカーが、犯罪捜査の最前線に出てFBIと(何故か)ICPOの刑事と共同捜査を張るとか、ツッコみどころも少々ありますが(ちなみにICPOは実際は事務方だったはず)w

『迷宮の天使』
 SF小説。自我・自由意識の存在がテーマ。 が、同テーマの作品としては、先に紹介したことのあるイーガン「しあわせの理由」チャン「顔の美醜について‐ドキュメンタリー-」の方が、個人的には面白かった。
 キャラクター造形は面白く、読んでいて楽しかったが、もっと自由意志の問題に踏み込んだ作品と思っていた分物足りなかった

『ダンまち ep. リュー』

 リューさんと言うか、「豊穣の女主人」裏話。今度は、アスフィさんの苦労話とか読んでみたい。

『ゲーマーズ 7』
 千秋がいじましくて、可愛いw 本編は千秋のいじましさを前面に、彼らの残念な修学旅行模様がメイン。サブタイトルに偽りはありませんw 千秋のターンが続くのか?

『冴えカノ 12』
 事件の犯人が判明。エリリではありませんでしたねw 倫也の「倫理くん」らしさ全開で、彼のウザったさが最高潮。加藤に同情。
次巻(本編の次巻)が最終巻だそうですが、どう終わるのでしょうか。恋愛模様には予定通りの決着はついたようですが、咬ませ犬たちはどうするのでしょう?

『ちはやふる 34』
 それぞれが新たな一歩を踏み出した感じの巻。ラストの大一番に向けての助走でしょうか。最近周防さんがレギュラー化してて笑える。

『東京グール 10』
 トーカちゃんパンチ~ピエロ襲撃編の序盤まで。政のネタキャラ化は死亡フラグ。

『ヒストリエ 10』
 カイロネイアの戦い編がやっと終わり。長かったですねぇ~(待ち時間が)。 にしても、エウメネスの不幸っぷりには同情しますね、サテュラといいエウリュディケといい。頑張れw

『骸の爪』
 『背の眼』の続編。今回はミステリー要素が強く、しかもしっかりしていたので読んでいて面白かった。その分ホラーの趣は減少していますが、十分楽しめました。

『開かせていただき光栄です』
 18世紀イギリス、揺籃期で偏見にもさらされていた解剖学、その教室が舞台のミステリー。
 18世紀ロンドン、解剖学、謎の殺人事件。もうこれだけで十二分に魅力的ですが、さらにキャラクター造形が素晴らしい。ゴシック小説がお好きな方もそうでない方もおススメです

『空飛ぶ馬』、『夜の蝉』
 北村薫さんの「円紫さんと〈私〉シリーズ」です。日常の謎系のミステリー作品。
 探偵役が噺家(はなしか)さんと言うのは珍しいかも。落語の様に軽妙な語り口で、鮮やかに事件の謎を解く円紫さんが素敵です。主人公の「私」(本名不詳)と彼女の友人たちも魅力的。

『ジーヴズの事件簿』
 コミカルミステリーの名作。 有能執事とポンコツ主人のコンビの原型でしょうか(こちらは1922年刊)? 一家に一人、ジーヴズ氏が欲しくなるw

『黒い仏』
 石動戯作シリーズ。ミステリーですが、とんでもない方向に飛んで行った感がありますw 「アンチ・ミステリーを目指したのか?」と思えなくもなくもない。脱格ミステリーかな。


 駆け足での感想になりましたが、今回はこんなところです。
 それではまたノシ

一肇 『少女キネマ』他感想

 花粉症が辛い季節がやってきました(;´Д`)  外出のたびに目がかゆく、鼻水が止まらなくなるのはやめていただきたい!w
 あと頭がぼーっとするので、本が読みづらい季節です。 気候は最高なのに…。

 そんなこんなですが、今回の分の紹介です。

新刊
・一肇          『少女キネマ』          ☆4
・時雨沢恵一      『SAO・A GGO 6』       ☆3.5

既刊
・梓崎優         『叫びと祈り』           ☆3.5
・田中芳樹        『銀河英雄伝説 外伝1』    ☆4
・道尾秀介        『背の眼 上・下』         ☆3.5
・イーガン         『しあわせの理由』        ☆4
・ダグラス・アダムス   『銀河ヒッチハイク・ガイド』   ☆4


感想


『少女キネマ』
 作者さんは、「にのまえ・はじめ」と読むそうです。難読。
 屋根裏から少女が出てくることから始まる、迷走青春小説。今も主人公に影を落とす親友の死の謎を追うミステリーでもあり、主人公が暮らす下宿の個性豊かな面々との絡みも楽しめる。 森見登美彦や万城目学などが好きな人ならこの作品もきっと気に入ると思う。 良くも悪くも。
 最後は謎解きと話全体に綺麗にオチがついて綺麗な読後の余韻を与えてはくれるが、帯の文句は煽りすぎだと思う…。

『GGO 6』(ライトノベル)
 ピンクのチビさんのお話も6巻目です。サブタイトル的に短編集的なものかと思いきや長編でした。
 ただし今回は変則的で、いつものスカッドジャム方式ではありません。 なので、いつもほどの必死さがない分盛り上がりには欠けますが、オールスター戦とみれば楽しめかと。

『叫びと祈り』
 連作短編ミステリー集。
 第5回ミステリーズ!受賞作「砂漠を走る船の道」が凄く良く、おススメ。静かな狂気に背中を撫でられました。他にもスペインを舞台にした推理合戦、「白い巨人」もよかった。 終盤の二編は毛色が違うので戸惑った。が、最後まで読むとその意図とタイトルの意味が分かるので納得した。でもやっぱり毛色が違う二編でした。

『銀英伝 外伝1』
 ラインハルトとのちの帝国の双璧、ロイエンタールとミッタ―マイヤーの出会いを描く外伝の一巻でした。
 藤崎版『銀英伝』の4巻が、ちょうどこの話ですかね(読んではいないのですが、表紙がロイエンタールとミッタ―マイヤーらしかったので)? あと、地味にメックリンガーとも遭遇してたw

『背の眼』
 ホラー・ミステリー作品。 というか、ホラーの皮をかぶったミステリー。 写真に写った背中に目が現れた人間が次々と死んでいるという話を追っていくうちに、明らかになる事実とは。
 軸足としてはミステリーの要素が強いので、ホラー作品を求めている方にはイマイチかも。ミステリーとしては、丁寧な描写と張り巡らされた伏線で楽しませてくれる正統派。

『しあわせの理由』

 SF短編集。
 収録作品の中では、人工的に感情を左右することの意味を探る「しあわせの理由」、脳だけが助かった夫を救うための妻の献身を描く「適切な愛」、不道徳な者をウィルスによって駆除しようとする男を描く「道徳的ウィルス学者」、一卵性双生児の姉妹の運命を分けた死病の背後に隠された真実を描く「血をわけた姉妹」が好きだった
 
『銀河ヒッチハイクガイド』
 有名SF作品。
 銀河バイパス建設のために突然破壊された地球最後の生き残りのアーサーは、たまたま地球にいた宇宙人のフォードと宇宙規模のヒッチハイクをする羽目になり…。
 とまぁ、シュールで、ブラックなSFコメディです。近年映画化もされたそうなので、そちらでご存知の方もいるかもしれません。映画は観ていないのですが、この作品、サイコーです! もっとは早く手に取っておけばよかった(´ー`)
 冒頭を読んでください。そこが気に入れば、この本は楽しめます。掴みが最高。内容も最高ですが。 続編も買う気です。


 あとは『一九八四』(ジョージ・オーウェルの方です)を読み返したり、皆川博子『開かせていただき光栄です』を読んだりしています。
 道尾さんの『背の眼』の続編、『骸の爪』も買ったので読む予定。
 この辺は次回紹介できるかと。
 それでは、またノシ

初野晴 『ひとり吹奏楽部』他感想

 村上春樹さんの新刊が話題になっていますが、私はまだ読んでいません。 どうなんでしょうか?
 手に取らないような気がします。

 あと訂正です。前回の更新で紹介した貫井徳郎さんの作品名が間違っていました。
○『鬼流殺生祭』
×『霧生殺生祭』
(前回更新での記述)
 お詫びして訂正いたします。

 それでは今回の分の紹介です。

新刊
・初野晴        『ひとり吹奏楽部』           ☆4
・森博嗣        『私たちは生きているのか』      ☆3.5
 ラノベ
・ヤマグチノボル   『ゼロの使い魔22〈完〉』        ☆4

既刊
・貫井徳郎       『鬼流殺生祭』             ☆3.5
・――          『妖奇切断譜』             ☆3.5
・田中芳樹       『銀河英雄伝説10〈完〉』       ☆4
・瑞智士記       『展翅少女人形館』          ☆3.5
 コミックス
・山本崇一郎     『からかい上手の高木さん1∼5』    ☆4
・徳能正太郎     『NEW GAME! 1∼5』           ☆4

感想


 『ひとり吹奏楽部』
 「ハルチカシリーズ」連続刊行。 今回は、カイユや芹沢さんといったハルタとチカ以外の吹奏楽部メンバーに焦点を当てたスピンオフ。 芹沢さんの毒舌を楽しみ、成島さんの苦労症に苦笑し、と本編とは違った一歩掘り下げられた吹奏楽部メンバーの姿が楽しめます。
 実写映画が来週3/4公開だそうです。 私は観に行きませんが…。

 『私たちは生きているのか』
 Wシリーズ最新刊。
 今回もウォーカロン村を探索するのですが、今回は『マトリックス』風味。 (ほぼ)完全に再現されたVR世界での生と死とは。認識している世界が人工物か否かを知っているかどうか、によって意味合いが変わりそうです。

 『ゼロの使い魔』
 とうとう完結です。関係者の皆様お疲れまでした。ヤマグチさんもホッとされているのではないでしょうか。 結末も文句なしのハッピーエンドでした。
 個人的には最終戦のアレコレが割とあっさりと決着したのがちょっと物足りない感じでした。アルビオンでの一騎駆けの様な胸熱展開になってもよかったかなと。きっちり話が畳まれていたと思います。

 『鬼流殺生祭』、『妖奇切断譜』

 シリーズもの。架空の日本が舞台(維新後間もない、「明詞(めいじ)」の日本)の、ミステリー小説。
 『鬼流』では因習残る旧家での連続殺人事件、『妖奇』では連続バラバラ殺人事件が描かれる。『鬼流』の方はドロドロしていない横溝正史のような読み口で、『妖奇』はどちらかというと角川ホラー文庫にあってもおかしくないような感じです。『ナイトヘッド』(だったかな)を思い出しました(マッドクックね)…。ですので、『妖奇』は割とグロテスクに注意が必要かも。 

『展翅少女人形館』
 「少女」、「人形」、「ゴシック」にピンときた方にはおススメです
 人類が子供を産めず、人形を出産するようになった世界で、展翅された蝶のように優しく保管・管理されている少女たちを巡るゴシックファンタジー。 好き嫌いが分かれそうな作品ですが、好きな人は好きだと思います。私は好きです。 
 藤間さんの『スワロウテイル』が大好きですし。こちら、早く続編が読みたいです。

 『からかい上手の高木さん』
 日常系漫画。 主人公の西片(にしかた)くんが、ヒロインの高木さんにひたすらからかわれるのをニヤニヤしながら楽しむ作品。二人のイチャつきに身悶えしますw

 『NEW GAME!』
 ヒロイン青葉のゲーム制作会社での成長を描く、お仕事+軽い百合4コマ漫画。 仕事漫画としては為にはならないが、登場人物たちがかわいい。


 今回はこんなところです。
 積み本の消化を頑張らねば。

つかいまこと 『棄種たちの冬』他感想

 それでは今回の分の紹介です。

新刊
・つかいまこと     『棄種たちの冬』         ☆3

既刊
・恩田陸        『きのうの世界 上・下』     ☆4
・小川洋子       『薬指の標本』           ☆4
・田中芳樹      『銀河英雄伝説 9,10』      ☆4.5
・田島斗志之     『不思議島』             ☆4
・飛浩隆        『自生の夢』             ☆4.5
・シュペルヴィエル  『海に住む少女』          ☆4
・テッド・チャン     『あなたの人生の物語』     ☆4.5


感想

 『棄種たちの冬』
 『楽園追放』、『グラン・ヴァカンス』
と同じ系統のSF作品。電脳世界に移行した人類と文明崩壊後の世界に残った(残された)人類を巡るお話。というよりも、『ナウシカ』(原作漫画版)の世界観に電脳という概念を持ち込んだ感じ。
 ただ、ナウシカ風でありながら、「越えられない(かもしれない)冬」を超えようとするような人間の強かさなどはあまり感じられず残念。終盤に『地獄の黙示録』風になったのも残念。

 『きのうの世界』
 祝直木賞受賞! ということで未読の作品を読んでみた次第。 受賞作は読んでないw
 ファンタジーのようでありながらミステリー。一人の人間の死の謎を巡って話が進むうちに、その事件が起こった地方都市の真の姿も明らかになっていく。そのリンクのさせ方がまたお上手で、流石の一言。 恩田さんはもっとずっと前に直木賞を受賞していたと思っていた。

 『薬指の標本』
 「標本室」で働くことになった「わたし」と標本師とのひそやかな愛を描く短編作。 奇妙な物語として読んでも面白く、恋愛ものとしても面白い。『博士の愛した数式』などの有名になった作品に埋もれているような気がしますが、こちらの方が面白いかも。 本作には他に、「六角形の小部屋」という短編も収められていますが、こちらも面白い。二編しか収録されていませんが、十二分に素晴らしい読書が出来るかと思います。

 『銀英伝』
 とうとうクライマックスです。
 「卿は死ぬな。(中略)これは命令だ、死ぬなよ」(9巻 p.333) 巨大な栄光を得たのと引き換えに、いくつものものを失い続けてきたラインハルトの悲哀。それが感じられるセリフでした。 最期までラインハルトらしさが感じられるのが、流石だなぁと感じ入った次第。 ヤンの死から駆け足気味だったのだけが少し残念でした。

 『不思議島』
 ミステリー作品。
 過去と現在、その他様々な対の事象が織りなす見事なタペストリー。トリックそのものというより、プロットの妙が光る作品でした。よくもここまで練り込んだ作品が書けるものです。
 他の作品も読んでみようかな。『症例A』が代表作だそう。

 『自生の夢』
 SF短編集。 飛さんのエッセンスが詰まった作品集でした。 飛さん好きは是非!
 「海の指」、「自生の夢」がおススメ。他の作品も面白いです。 もっと新作が読みたいところですが、寡作な作家さんなので気長に待たなければいけないのが玉に瑕。

 『海に住む少女』

 短編小説集。  訳者さん(光文社版)曰く、「フランス版・宮沢賢治」と紹介されていますが、まさにその通り。優しくて切ない物語の数々が楽しめます。 「海に住む少女」、「飼い葉桶を囲む牛とロバ」、「空のふたり」がお気に入り。
 宮沢賢治がお好きな方は気に入ると思います。

 『あなたの人生の物語』
 8編を収めたSF作品集。 単純にSFと言い切れないものもありますが、物語の出来として素晴らしい。
 有名作の「バビロンの塔」、「あなたの人生の物語」はもちろんおススメ「地獄とは神の不在なり」の皮肉の利いた話も面白い。「七十二文字」のゴーレムを通して人間を考察する話も素敵。


 今回はこんなところです。
 他には、今更ながらパトリシア・コーンウェルに手を付け始めたところです。まだ一作目の『検屍官』の途中ですが。
 あとは、あらすじに魅かれて買ってみた貫井徳郎『霧生殺生祭』がとても気に入っているところ。「京極堂シリーズ」や「刀城言耶シリーズ」、「天帝シリーズ」のような作品と言えば、雰囲気は掴んでもらえるでしょうか? ああ、続きが楽しみ。

 実は『魔法科高校の劣等生』の最新刊も買ったのですが、どうも読む気になれなかったので放置中だったりします……。読まないかも…。


それではこの辺で(*'▽')ノシ

初野晴 『惑星カロン』 他感想

 更新間隔があいてしまいすみません。   読み終えるタイミングとか、新刊の発売のタイミングなどがうまく合わず、この始末です(´ー`)
 それでは今回の分の紹介です。

新刊
・初野晴        『惑星カロン』(文庫)                 ☆4

既刊
・宮内悠介       『彼女がエスパーだったころ』(ソフトカバー)    ☆4
・田中芳樹      『銀河英雄伝説 5∼8』         ☆4.5
・ガストン・ルルー  『黄色い部屋の謎』           ☆4
(ラノベ)
・屋久ユウキ     『弱キャラ友崎くん1∼3』        ☆3.5
(コミックス)
・いみぎむる     『この美術部には問題がある1∼7』  ☆4
・赤城アカ      『かぐや様は告らせたい 4』      ☆4


感想

『惑星カロン』
 実写映画公開に合わせたのでしょうが、早めの文庫化。王道の学園ミステリー、ハルチカシリーズの最新刊です。今回は短編3つと中編1つの4編。
 ハルタ・チカコンビと部員も増えて賑やかになった吹奏楽部の面々、彼らを中心にした学園ものとしても面白い。ミステリーの謎にしても一筋縄ではなく、捻りが利いている。
 個人的おススメは、「チェリーニの祝宴」、「理由ありの旧校舎」。 アニメ化されていたそうですが、そちらは面白かったのでしょうか?

『彼女がエスパーだったころ』
 SF短編集。 6編収録。
 個人的には『エクソダス症候群』以来の宮内さん。 『エクソダス~』はあまり好きではありませんでしたが、今作はとても良かった。SFらしさは満載で、個々の物語も面白い。冷めた観察者の視点で語られる文書も心地よい。 「百匹目の火神」、「薄ければ薄いほど」など、現実への皮肉の利いた話がこの人の作品では新鮮な感じがした。
 『スペース金融道』は面白いのでしょうか? 一作おきに面白いのだとすると…。

『銀英伝』

 同盟の敗北に続く、第二の大きな物語の節目まで来ました。 ヤン、身内のハネッ返りに背中を撃たれるのかと思いきや、地球教の長い手に捕まるとは…。
 次はロイエンタール編。 物語もいよいよ佳境です。にしてもラインハルト、周辺が寂しくなりましたね。

『黄色い部屋の謎』
 有名な『オペラ座の怪人』の作者の手になるミステリー作品。 でありながら、こちらはこちらで密室殺人テーマの有名作品。
 事件の舞台、トリック、登場人物。どれもすばらしい。探偵役のルールタビーユが18歳には思えないが…w 犯人の正体がエンタメに寄りすぎていて若干引くこと以外は名作にふさわしいと思う。

『弱キャラ~』

 残念系青春ラノベ。 『俺ガイル』の異父兄弟と言った感じの作品。 ただしこちらはダメ系脱出、意識高い系作品。
 菊池さんが可愛いけれど、ヒロイン戦線から脱落したのが悲しい(;´Д`) メインヒロインは人間として強すぎてヒロインっぽくないw

『この美~』

 ほのぼの部活系コメディ(ラブコメ?w)。 ヒロインである宇佐美さんの片思いの駄々漏れっぷりをニヤニヤしながら眺めて楽しむ作品。 基本的に美術部の日常を描くだけの作品なので、人によっては楽しめないかも。

『かぐや様~』
 新刊。 風邪をひいて甘えん坊モードに突入したかぐや様を愛でる巻です(*'▽')


 先週の「世界ふしぎ発見!」を見て購入した『最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く』を読んでます。先史時代の人類の姿を知りたい人には、入門書としてもいいかも。科学読み物としても面白い。記号の内実と言語の発生について新たな知見が得られる日が来ると楽しくなりそう。

 小説ではありませんが、木田元『反哲学入門』がとても面白かった。
 プラトンから現代哲学、ハイデガーに至るまでを概観し、「哲学とは何か」を平易に解説してくれる良書。哲学について知りたい人、西洋哲学に何かモヤモヤしたものを感じている人におススメです。

 『自生の夢』はまた次回です。
 それではノシ
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR