平坂読 『妹さえいればいい。』 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
(2015/03/18)
平坂 読

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 妹バカのラノベ作家・羽島伊月(はしま・いつき)の周囲には、いつも個性的な連中が集まっている。
 イケメン同業者・不破春斗(ふわ・はると)
 愛も才能もヘビー級の同業者・可児那由多(かに・なゆた)。
 恋に友情に夢に悩む青春三冠王・白川京(しらかわ・みやこ)。
 ドS税理士、イラストレーター。
 それぞれ思いや悩みを抱えながらも賑やかな毎日を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを見守る伊月の弟・千尋(ちひろ)には大きな秘密があって…。

感想
 とりあえず買ってみた作品。
 『はがない』の人の作品と言うことで、大外れはないだろうと踏んでの購入。
 だがしかし、『はがない』でもあった意味不明なノリがこの作品でも見られ、やや食傷気味(^_^;)

 最近よく見る「ライトノベル作家が書くライトノベル作家小説」かと思いきやそうでもないという、やや微妙な作品でした。
 ライトノベル作家が隣人部の活動をしたらこんな感じになるんじゃないかというお話。 そして若干、内輪ネタのような雰囲気があります(あとがきの寄稿などを見るに)。

 『はがない』の雰囲気についていけなくなり、途中で買うのをやめた人間には結構微妙な感じでした。
 変人たちが集まって、変なことをして盛り上がっている、そんな感想です。ついていけない人には、結構きついかと思います。

時雨沢恵一『SAO GGO(2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)―』 (電撃文庫)

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)― (電撃文庫)ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)― (電撃文庫)
(2015/03/10)
時雨沢恵一

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 突如全ての《GGO》プレイヤーにアナウンスされた、第二回スクワッド・ジャム。知らせを受けた第一回大会優勝者のレンこと小比類巻香蓮(こひるいまき・かれん)だったが、なんだかあまり気が乗らない様子。
 そんな中、香蓮に忍び寄る謎のストーカー男が口にしたのは、「第二回スクワッド・ジャムの夜に、人が死にます」という言葉。
 今大会で敵として出場するピトフーイを大会で倒すことでしか、男の言う『最悪の事態』を逃れられないらしい。香蓮は苦悩の末、大会参加を決意するのだが……。

感想
 時雨沢版SAO・GGOの二巻です。
 前回が面白かったので今回も期待していましたが、期待通り面白かったです。
 とは言え、まだまだ第二回大会は中盤に差し掛かったばかりですので下巻を待ちたいところです。


 そして今巻では、表紙に新キャラクターが登場しておりますが、またしてもチビッ子キャラ。彼女が誰なのかは読んでみてのお楽しみと言うことで。
 そして表紙でレンが「Pちゃん」を持っていることが気になったのですが、再び入手できたようで良かったですね。

 冒頭で、ほのぼのとした女子会が行われていて和みました(笑)
 女子率高いですよね、今シリーズ。 黒星さんの書くキャラも相変わらず可愛い。


 さて、本編ですが、あらすじにあるように今回もどこかに狂気が漂っておりますw
 ゲーム内よりも殺伐とした現実を生きている『彼』に同情を禁じ得ません(TДT) 現実の方が死の危険があるってどういうことだよ。

 ストーリー的には、今回はまさかのエムとの敵対が見どころの一つ。
 新入りさんとの即席チームは何処までやれるのかが見もの。
 そしてこの新人さんが「ひゃっはー」するキャラだったのが、キャラデザとのミスマッチ感もあり、良かったですw どこか抜けているのに憎めない娘です。


 下巻では、待ち構えているSHINCチームとの再戦と、ピト・エムチームとの勝負の行方がどうなるのかが注目です。
 6月までが長いです……。
 ※※続編は6月10日の予定とのことです※※

池部九郎 『LOST -風のうたがきこえる- 上』 (ファミ通文庫)

LOST -風のうたがきこえる- 上 (ファミ通文庫)LOST -風のうたがきこえる- 上 (ファミ通文庫)
(2015/02/28)
池部 九郎

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆2

あらすじ
 幼馴染でバンド仲間だった橘奈緒(たちばな・なお)が死んだ。ミュージシャンになるため、東京に上京しようとした日に事故にあったのだ。
 失意の日々を過ごす大槻慶太郎(おおつき・けいたろう)だったが、形見として彼女の母親から譲り受けた奈緒の携帯に電話がかかってくる。相手は……奈緒!? しかも電話の向こうの彼女は東京で音楽活動を続けているというのだが…。
 失われた恋と歌の奇跡の物語、ついに書籍化。

感想
 こんなことを言うと失礼なのですが、期待外れでした。

 文章中に時々登場する「(笑)」が、イラッとさせて下さいます。 本文中では、地の文で見れます。
 製本されたれっきとした本で見せられると、「ふざけてんのかな」と思ってしまいますね。ネットならまだしも…。

 また序盤、音楽関係の専門用語がこれでもかと乱舞していて、読みにくいうえに分かりにくいことこの上なしでした。
 例えば、「DTM」と書かれてそれが何かがわかる方にはそれでもいいのでしょうが、予備知識が無い人間にはさっぱりです。後追いの説明も特になかったですし。


 ストーリーの方ですが、イマイチでした。
 好きだったかもしれない、仲好しの幼馴染の女の子が突然いなくなったにも拘らず主人公の対応がわりと淡白だったかと思いましたね。 彼女の歌を(彼女の死後に勝手に)投稿して、人気が出て、レコード化の話が来て……。
 なんと言うか、勝手なイメージですが、携帯小説臭がすごいです。 主人公が自分の悲劇に浸っている感じがする部分も含めて。

 評価は、下巻ではもしかしたらもしかして化けるかもしれないという期待を込めての☆2です。
 そのまえに下巻は購入しないかもしれませんが…。


 音楽と恋に関係したお話をお求めのかたがいらっしゃいましたら、こちらよりも以前紹介した↓の方を強くおススメします。
二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)
(2015/01/20)
赤城 大空

商品詳細を見る

丸戸史明『冴えない彼女の育てかた Girls Side』(富士見ファンタジア文庫)

冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)
(2015/02/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 澤村・スペンサー・英梨々(さわむら・えりり)。外交官の父を持つハーフのお嬢様にして、美術部のエース。しかしてその裏の顔は、人気同人作家柏木エリ。
 霞ヶ丘詩羽(かすみがおか・うたは)。トップの成績を維持し続ける孤高の才媛。高校生にして人気ラノベ作家の裏の顔を持つ。
 これは『安芸倫也(あき・ともや)の知らない物語』。彼女たちの出会いと、本編七巻の彼女たちのある決断の裏側を描いた二人の物語。

感想
 短編集です。
 本編が第二部に移行するということで、中休みといった感じでしょうか。


 本編最新話がすごいことになっていたので、その裏側を描いてくれたのは良かったかなと思いました。 二人のあの決断がどういった風にしてされたのか、その決断の裏側をうかがい知ることができます。
 英梨々はなんとなくわかるんですが、詩羽先輩もああなったのは意外だったので。
 てか、詩羽先輩、腹グロになりきれないのね…。
 優し過ぎですよ(^_^;) そんなんじゃ、横からさらわれますよ~。


 出会い編となるもう一遍の方は、なんか納得してしまいました。 「こんな感じの初対面だったんだろうなぁ」と(笑)
 割と昔から詩羽先輩はマジだったのね。
 英梨々は、ツンデレというか負け犬っぷりがすごかった。小型犬が見えたw


 アニメの方も絶賛放送中ですね。
 イズミちゃんが出てきましたが、美智留はいつになったら登場するのか。 個人的に好きなキャラナンバーツーなので、登場が待ち遠しいです。
 なお本編の方もご無沙汰な模様orz

 次巻からの第二部はどうなるのでしょうか? 楽しみに待ちたいと思います。

乙野四方字 『ラテラル』(電撃文庫)

ラテラル ~水平思考推理の天使~ (電撃文庫)ラテラル ~水平思考推理の天使~ (電撃文庫)
(2015/02/10)
乙野四方字

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 謎を解くことが生きがいの少年・鳩ノ巣論(はとのす・ろん)。高校二年生の新学期初日、新しいクラスで論の後ろの席になったのは全身白づくめの少女・瑞平すすめ(みずひら・すすめ)だった。瑞平すすめは極限まで肌を隠し、合成音声で自己紹介する不思議な少女だった。
 アクシデントから論が彼女の肌に触れた時、突如世界が暗転した。
 〈ようこそ、【状況空間】へ!〉
 「シチュエーションエリア……?」
 自らを天使と称する謎の存在が支配する空間に引きずり込まれた論。脱出するには謎を解く必要があるという。論は空間とすすめの謎を解き明かすため、謎に挑む。

感想
 「推理ゲーム小説」という珍しいジャンルということで購入してみました。
 「水平思考」という言葉自体はどこかで聞いたことがあったのですが、何だったか忘れていたので、それもあって気になったとこです。


 作中で提示されている推理ゲーム自体も面白かったですね。
 難易度はともかくとして、予想外の方向に展開することもあって楽しめました。
 普通の推理小説のような推理ではないところも面白かったですね。珍しくて。


 それはともかくとして、わりと主人公の設定(「愛が分からない」)はちょっとアレな感じでしたし、同じく幼馴染ちゃんが「愛をささやき続けている」のも何でですかね?

 
 短いですがまとめると、突っ込みどころはあれど、水平思考推理ゲームが面白かったです。なんだかもっと普通に部活小説みたいになっていても面白かったかもしれません。
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR