有川浩『キケン』 (新潮文庫)

キケン (新潮文庫)キケン (新潮文庫)
(2013/06/26)
有川 浩

商品詳細を見る


 去年買ったのに「積ん読」になって忘れていた作品w
 思い出して読んで見ました。

評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 「命の危険も顧みず、理系技術の探求に挑む熱き男たちの魂の記録である!」(嘘)。
 普通の工科大学である成南電気工科大学にあるサークル「機械制御研究部」(通称:キケン)。部長:上野(うえの)、副部長:大神の二人に率いられたこの集団は、日々繰り広げられる、人とは思えない所業による事件、犯罪スレスレの破壊的行為の数々から、「機研」=「危険」として恐れられていた。
 これは、理系男子達がその爆発的熱量と共に駆け抜けた、その黄金時代を描く青春物語である。

感想
 疾走感のある、爽やかなコメディ小説です。
 「こいつら、バカで~」と思うこと請け合いwww

 でもそのバカは、愛らしいバカなのが良いですよね。
 痛々しいバカっているじゃないですか。そういったのとは違う、一本筋の通ったというか、きちんと人間としての在り方をわきまえてるバカです。
 他人に迷惑を掛けて楽しんでいるような人間ではないということですね。


 それはさておき、本作を読んでいると学生時代やバカやっていた時期が懐かしくなると思います。
 「なんであの頃はあんな事に熱中してたんだろう」といった不思議な懐かしさと共に読めるかと思います。あとがきにもありましたが、みんながみんな自分の中の「自分のキケン」を多かれ少なかれ持っているからだと思います。

 てか、有川さんは本当は男なんじゃないかとたまに思いますねw
 良くもまぁここまで男のことを書けるなと。
 でも恋愛ものを見ると女性なんだなと思いますが。

 ちなみに本書では、機械工学的な専門知識はほとんど出てきません。ですので理系作品ということで敬遠されている方も是非読んでみてください。
 ロボットを作ったり、ラーメンを作ったりしていますのでw

 上野のようにどこまでも恥じることなく、自分というものを出して生きていけたら気持ちが良いんだろうなと思います。
 警察のご厄介になることも覚悟の上で、という前提付きですが。


 積ん読にしていたことをちょっと後悔しています。 もったいないことをしたものですorz
 それぐらいには面白かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR