喜多喜久『化学探偵Mr.キュリー』 (中公文庫)

化学探偵Mr.キュリー (中公文庫)化学探偵Mr.キュリー (中公文庫)
(2013/07/23)
喜多 喜久

商品詳細を見る


 喜多さんの未読だったシリーズを読みました。

評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 大学構内に掘られた穴から見つかった化学記号を用いた暗号、教授の男性の頭髪が突然発火する人体発火、ホメオパシー理論による画期的ながん治療、クロロホルムを用いた暴行事案。
 大学の周辺で起こる不可思議な事件の数々。解決に一役買ったのは、庶務課の新人、七瀬舞(ななせまい)と理学部化学科の教授、Mr.キュリーこと沖野春彦准教授。彼が導き出す事件の真相とは…。

評価
 面白かったです。
 喜多さんは、こうした科学ミステリーの方がおもしろいと思います。本人の筆が乗っている気がします。

 本作は初心に帰って(?)化学ものになっています。 が、工夫されていて化学が苦手な方にもやさしく書かれていますのでご安心を。
 化学的といっても『ラブケミストリー』などのような学者が不思議な出来事に巻き込まれるパターンではなく、探偵役が科学者というタイプの作品です。 東野圭吾さんの「ガリレオシリーズ」などに見られるタイプの作品。
 ただ、人死はありませんでしたのでライトなミステリーと言えるかもしれません。日常の謎解きをメインにした作品です。


 最初の事件となる暗号事件はそれほど面白くなかったのですが、以降の作品は科学的知識を盛り込んだタイトルに偽りなしの話になっていたと思います。
 最初の事件はちょっと肩透かしでした。一ひねり足りないというか、なんというか。植物による新物質の合成の話は面白かったんですが、肝心の謎が…。

 他の話は、個人的には十分楽しめました。
 日常の謎の中に科学的なエッセンスがちりばめられていることによって、豆知識的な知識も得ることができますし。じっくり取り組むような作品ではなく、手軽にミステリーが読みたいと言った時にいい作品だと思います。

 既に続巻が出ているようなので、ブックオフででも見かけたら購入しようかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR