谷川流『絶望系』 (新潮文庫)

絶望系 (新潮文庫)絶望系 (新潮文庫)
(2014/09/27)
谷川 流

商品詳細を見る


 遅くなりましたが、前回予告した通り『絶望系』を読み終えましたので感想を上げます。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 「…どうにかしてくれ」。
 夏休みの最中、友人の健御(たけみ)からの電話に僕―杵築(きねつき)は耳を疑った。彼の言うことには、「オレの家に天使と悪魔と死神と幽霊がいる」とのことだった。
 助けを請われた僕は気乗りがしないまま、友人の健御を助けるべく、彼の家に居座っている変人たちを「追い出す」べく、その時街で起きていた連続猟奇殺人事件を追い始めた。

感想
 何が言いたいのか、何がしたいのかが最後までよく分からない作品でした。
 最後まで読んで思ったことは、最初にライトノベルとして刊行した時のタイトル『絶望系 閉じられた世界』というサブタイトル込みでのタイトルの方がわかりやすかったのではないかということでした。
 サブタイトルをとったのは間違いなのではないかと。
 まぁ、あった方が内容がつかめるんじゃないかという程度のことなんですけどね(^_^;)


 基本的に会話劇。
 同作者の別作品である「涼宮ハルヒシリーズ」をご存じの方は、登場人物の一人である小泉樹(こいずみいつき)の長い解説のセリフを思い起こせば大体の感じがつかめるかと思います。
 終始あんな感じです。 天使が特に同じような性格造詣のキャラクターです。
 ですので、あの感じが苦手な方にはおススメしません。

 会話をしているのですが、それが大抵において意味が無いというか内容が無い話なので、メインストーリーや他のことがわかりにくいです。
 重要そうな背景があるのに語られていなかったりしました。
 あらすじには「繰り広げられる形而上学的論争」とか書いてありますが、論争と呼べるほど大層なことは言っていませんでしたし、ロクでもないことを大層な言葉で語っているものが多いです。

 ちなみにミステリーとなっていますが、ミステリー要素は別にないです。 あるけれども弱い。
 ですので、ミステリーとして読むことも難しいです。


 谷川流ということで買ってみましたが、特に何かがあるものでもありませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR