相沢沙呼『午前零時のサンドリヨン』 (創元推理文庫)

午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)
(2012/10/20)
相沢 沙呼

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 ポチこと須川(すがわ)くんが一目惚れしたクラスメイトの女の子、不思議な雰囲気を纏う酉乃初(とりのはつ)は、凄腕のマジシャン。彼女は放課後になると、レストラン・バー『サンドリヨン』で腕を磨いている。そんな彼女は、学内で起こる謎を抜群のマジックテクニックを駆使して解決していく。
 マジックをしている時は凛々しくて、お客さん相手にも物おじしない酉乃さん。そんな彼女は、実は人間関係には臆病で、心を閉ざしがち。須川くんは、酉乃さんとの距離を縮められるのか。


感想
 Amazonのおススメで、似鳥鶏さんと並んで表示されていたので期待して購入w 期待は裏切られませんでした♪
 
 本書は、ミステリーとマジックを融合した作風です。
 女子高校生、酉乃さんが探偵として日常の謎を解いて行く、その意味では王道のミステリー作品。ですが、その酉乃さんがマジシャンでもあるというところに特徴の一つがあります。
 またミステリーでありながら、ボーイミーツガールものの恋愛小説の要素も兼ねているところも本書の面白さの一つです。 

 構成は、短編集という形になっています。
 一つ一つの短編には、それぞれの結末がきちんと用意されている。けれども実はそれらの短編は、相互に作用し合っていて、最後の一遍で綺麗に一つの作品としてもまとめられています。
 短編としても楽しめるし、長編としても楽しめる。そうした作りになっています。

 ただ、マジック、マジシャンとしてトリックを駆使して華麗に事件を解決するタイプの小説ではありません。
 マジシャンとしての知見を利用して、発想の妙を活かして推理をしていく小説です。
 もちろんマジックは出てきますが、あくまでマジックショーとしての領域に留まっています。
 ちなみにですが、殺人事件は発生しません。
 また、ホワホワしただけの小説ではなく、締めるところはきちんと締まっていますし、甘いだけのお話にもなっていません。時に甘く、時に苦い。そのバランスがとてもいいお話でした。


 ワトソン役でもある主人公、須川くんもいい味出してます。
 思春期の男子のモジモジ感と、ドキドキ感が上手に表現されていて、好感が持てるます。どうしてあだ名が「ポチ」なのかはわかりませんでしたが。

 酉乃さんは、ギャップ萌えですね。須川くんはすっかりやられてしまったようですw
 まぁ、普段は表情が乏しい子が良い笑顔で笑ったらやられるでしょう。
 物おじしないマジシャンとしての自分と、引っ込み思案で暗い自分とのギャップに本人は苦しんでいるんですが。須川くんとなら幸せになれるのではないかと思います。今後の展開に期待。


 ミステリーとしては若干物足りないかもしれませんが、それを補うだけのものがある作品でした。
 次巻となる『ロートケプシェンこっちにおいで』、別シリーズ『マツリカ・マジョルカ』も気になります。『ロートケプシェン~』文庫になってくれないと、若干の高いのがネックですが(2000円に届く)。

 以下にあげたのは、相沢さんの他の購入を考えている作品です。
 『ココロ・ファインダ』は11日に文庫版が刊行、『スキュラ~』は27日に発売です。

ココロ・ファインダ (光文社文庫)ココロ・ファインダ (光文社文庫)
(2014/09/11)
相沢 沙呼

商品詳細を見る


スキュラ&カリュブディス: 死の口吻 (新潮文庫nex(ネックス))スキュラ&カリュブディス: 死の口吻 (新潮文庫nex(ネックス))
(2014/09/27)
相沢 沙呼

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR