佐島勤『魔法科高校の劣等生 (14) 古都内乱編 (上)』 (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生 (14) 古都内乱編 (上) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (14) 古都内乱編 (上) (電撃文庫)
(2014/09/10)
佐島勤

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 『九校戦』の裏で暗躍していた、周公瑾(しゅうこうきん)が逃亡し、京都に潜伏した。 「パラサイドール事件」から二カ月が経ち、今年も『全国高校魔法学論文コンペティション』の季節がやって来た。今年の開催地は奇しくも京都。その論文コンペの準備で忙しい一校生たち。
 そんな中、司波達也(しばたつや)の元に四葉真夜(よつばまや)の書状が届けられる。手紙には、「周公瑾の捕縛に手を貸して欲しい」という異例の依頼の要請だった。普段とは違う以来という形に戸惑いを覚えつつも、任務達成のため京都の九島烈(くどうれつ)の邸宅へ協力を取り付けるため赴くことに。そしてそこで、もう一人の「作られた魔法士」と邂逅を果たす。

感想
 新編スタートですね。 が、内容的には、良くも悪くも「いつも通り」ですので特にコメントがありませんw

 今巻も新キャラが登場しますが、どうなんでしょうかね?
 インフレしていませんか??
 最早巻頭のキャラ紹介無くしてはキャラクターの名前を把握するのが大変です(^_^;)
 
 でも、これまでのメンツ内では色々動きが出てきそうなので楽しみではあります。
 幹比古と美月とか、会長(真由美)とか…。


 佐島さんの癖というか、説明が少々くどいのが玉に瑕ですよね、この作品。
 その説明要らないから、というのがよくあります。
 直す気はないのでしょうか?
 読みやすくはなると思うのですが、編集さんなどは気にしないんですかね。


 下巻の刊行は、まだ後のようです。
 『ドウルマスターズ』の2巻を先に出すみたいです。 個人的には正直のこちらの作品に面白さを感じないので、さっさと『劣等生』の続巻を出して欲しいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR