フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか? 』(ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
(1977/03/01)
フィリップ・K・ディック

商品詳細を見る


 有名所のSF第二弾。
 映画『ブレードランナー』の原作としても有名な作品ですね。『幼年期の終わり』と同じく、名前は知っていてもまだ読んでいなかった作品の一つでした。 

評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 第三次大戦後、放射能灰に汚染された地球では、生きている動物を所有していることがステータスとなっていた。そんななか、人工の電気羊しか持っていないディックは、本物の羊を手に入れるため、火星から逃亡してきた「奴隷」アンドロイド8人にかけられた莫大な賞金を狙って、決死の狩りを始める。

感想
 『ブレードランナー』とは違うとは聞いていましたが、本当に結構違っていてビックリですw
 まぁ、その『ブレードランナー』の記憶そのものもだいぶ昔のものなので、曖昧なんですけどね…(^_^;)
 違っていたら、ごめんなさい。


 さて、肝心の本編の感想ですが、「よく分かりませんでした」というのが率直なところです。
 もちろん、面白くない訳ではない。
 ただ、手放しで面白かったと言いきるのも難しい。
 購入したのはハヤカワ文庫版でして、そのあらすじに「白昼夢の世界」とありますが、まさにそんな感じ。

 様々なことが次々と出てきて、めくるめく魅惑のSF世界を作っています。が、いかんせん何とも捉え辛い世界観のように感じました。
 「そもそも電気羊って何ぞや」と思ってます。
 どういったモノなのかはわかりますが、何故そんなものがいるのかとか、生の動物所有がステータスになるとか、どうしてそうなったかといった過程の方にも興味が出るんですが、そこら辺は省かれているので、モヤモヤしました。
 「全部を説明しろ」なんて野暮なことは言いませんが、もう少し世界観描写が欲しかったです。
 
 人間とは何か、アンドロイドとは何か。
 そしてその両者を隔てているものは一体何なのか。
 そう言った一連の疑問に対する、フィリップ・K・ディックの回答がこの本にはあると思います。
 これもまた或る種の『幼年期の終わり』なんでしょう。
 
 また時間を空けて読んでみると何か別のことに気付く種類の本なのかもしれません。
 少なくとも今はあまり良さがわからなかった。
 『ブレードランナー』は映像もある分、分かりやすくて好きな作品でしたけどね。

 そんな訳で、☆3.5という評価になっています。 個人的なおススメ度+世間的な評価ということです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR