野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2)』 (ファミ通文庫)

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)
(2014/08/30)
野村美月

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 自身が吸血鬼になったことを克服し、春科綾音(はるしなあやね)のパートナーとして演劇で頑張っていこうと決意した原田詩也(はらだうたや)。演劇部の次の演目は『マイ・フェア・レディ』。性格から何から自分とはまったくことなった人物像であるヒギンズ教授役、しかもテンポが速いなが台詞を特徴としたその役に苦戦する詩也。一方、詩也は自分を吸血鬼にした赤い目をした少女の吸血鬼、雫(しずく)が詩也を見て涙を流したことも気になっていた。
 そんななか、不注意からライバルチーム「チーム・ベガ」に所属するアイドルと詩也のスキャンダルが持ち上がる。それを受け、綾音とのパートナー関係にも揺らぎが。さらには彩音とのコンビ解消の危機までもちあがり…。

感想
 登場人物たちにも色々と動きが出てきて、いよいよ面白くなりはじめましたね。
 演劇や舞台にはまったく詳しくないのですが、それは置いておいても十分に楽しめました。
 『マイ・フェア・レディ』も実物は見たことが無いのです(^_^;) あとがきにありますが、劇中劇としての『マイ・フェア・レディ』は後半から別物に再構成されていますが。

 綾音先輩と詩也くんは、どうなっていくんでしょうね?
 なんとなくですが、前巻でテーマにしていた『吸血鬼ドラキュラ』のストーリーのごとくなるのでしょうか。それとも克服して、幸せになるんでしょうか。
 本書冒頭をみると、上手く行きそうにはなさそうですが…。

 他の登場人物、中でも綾音先輩の妹ちゃん、理歌(りか)ちゃんがお気に入りです。
 ちょこまかした感じが、かわいくていいですよね(///▽///)
 もっとも報われなさそうな感じがしますが、頑張れ!w

 そんなこんなで、登場人物たちの心模様も動いてきましたし、今後の展開に注目です。
 前作は、詩也くんが鬱々しっ放しだったせいで全体として暗く、楽しめませんでした。が、今作は困難を克服して前向きになったせいで作品も明るくなっています。
 それもあり、綾音先輩のやきもちもありで、面白かったです。サービスカットもありますよw


 さて、話は変わりますが、野村さんの作品は名作をテーマとして、それを読み変えて作品にしています。かと言って、原作を破壊しているのではなく、上手に活かしているところがすごいと思います。
 都合のいいように改変をしている訳ではない。かと言って、作風だけ利用するのでもない。難しいことを上手にこなされていると思います。

 次回は『とりかえばや物語』がテーマだそうです。
 これまで名前しか出てこなかったライバルチームの方々も出てくるそうなので、ますます物語が動いて行くものと思います。次回にも期待です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR