PSYCHO-PASS サイコパス (上) (角川文庫)

PSYCHO-PASS サイコパス (上) (角川文庫)PSYCHO-PASS サイコパス (上) (角川文庫)
(2014/08/23)
深見 真

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

感想
 同名のアニメを原作とした、ノベライズ版です。
 最初にアニメが放送された時に見てから、結構好きな作品です。
 実は角川文庫から出版される以前にも出版されているのですが、角川文庫版の今回購入しました。現在、原作アニメの方はフジテレビのノイタミナ枠で新編集版として再放送されているので、そちらもどうぞ。

 本作ですが、現在放送されている新編集版のようにところどころに槙島聖護(まきしましょうご)や鮫噛慎也(こうがみしんや)のモノローグなどが追加されていました。そうしたちょっとした追加要素以外は、特に大きな変更はありません。あの人が居なくならなかったり、居なくなったりはしてませんw
 あ、でも六合塚(くにづか)さんと唐乃杜(からのもり)先生との関係にはびっくりですw 本編見てた時、別に気にしてなかった。 


 アニメ版が好きな方は読んでみても損はないと思います。
 また、今秋から二期が放送され、冬には劇場版が公開される予定だそうですので、それに向けての予習・復習にもいいかもしれません。
 てか、二期はどんな話になるのでしょう? 楽しみです。

 他方で、この本から入られる方でも十二分に楽しめると思います。
 ジャンルとしては、未来の日本を舞台にしたミステリー仕立ての警察小説になっています。『攻殻機動隊』をより警察寄りにしたものと言えばいいでしょうか。
 基本的にはミステリーです。複数の事件を追ううちに、その背後にあるより大きな犯罪に気がついて、その捜査を進めていく形でストーリーが展開します。
 ただ、タイトルからも想像されるようにグロテスクな犯罪もあります。実際、現在再放送中の或るストーリーは放送が中止されました。ナイスボート。

 ですので、そういったものが苦手な方は、注意してください。
 作品自体は、しっかりした作りの話です。ミステリー部分もしっかり考えられていますし、その他の部分もしっかり作られています。 『色モノ』という色眼鏡を外して、ぜひ、読んでみてください。SFものとしてもミステリーとしても楽しめるかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR