北山大詩『犯罪共鳴 壊兎 タナトス症候群』 (富士見L文庫)

犯罪共鳴 壊兎 タナトス症候群(シンドローム) (富士見L文庫)犯罪共鳴 壊兎 タナトス症候群(シンドローム) (富士見L文庫)
(2014/08/09)
北山 大詩

商品詳細を見る


 最近創刊された、富士見L文庫レーベルから出版された作品です。
 物は試しと早速購入してみました。

評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 近頃都内を騒がせている、「女子高生連続誘拐殺人事件」と「連続放火事件」。
 多数の犠牲者を出していることとその猟奇性から、数年前に発生した史上最悪の猟奇殺人事件の逃亡犯「タナトス」の再来かと騒がれていた。皆が慄き、警察もなかなか犯人逮捕に至らず捜査は困難を極めていた。
 近々新しい学校に着任することになっていたスクールカウンセラーの各務原更紗(かがみはらさらさ)は、公園で行き倒れていた匂いフェチの高校生、支倉海斗(はせくらかいと)を拾う。普段は普通の高校生の海斗だが、ある事件の際に「あの犯行にはユーモアが無い」と言い放つ。
 犯罪の思考に共鳴してトレースできる感受性を持つ海斗。彼はさらに「タナトスの弟」という秘密を抱えていた。海斗がこの二つの事件に巻き込まれることになったのは偶然なのか、それとも…。

感想
 ミステリーということで、レーベルの他の作品を置いて選びました。
 実のところあまり期待はしていなかったのですが、予想外に面白かったです。
 北山先生、すみませんw(>_<)

 「犯罪共鳴」とタイトルにあるので、サイコメトリーのような超能力を用いたなんちゃってミステリーかと思いきや、きちんとミステリーをしていました。海斗君の力は、まぁ特殊能力のようなものですが、その力に任せたトンデモ解決や力技は無く、好感が持てました。

 登場人物が多く(冒頭の一覧によれば20人)、人間関係がややこしいですw が、文章が分かりやすいため、読んでいて混乱することはそうありません。時々久々に出てきた人物を誰だか忘れているぐらいですw
 各登場人物も、現実離れしたキャラクター付けがされておらず、適度な現実味を持っているので作品が締まっている気がしました。突飛なストーリーではなく、現実にもありそうな感覚を持たせる感じになっています。

 そうした現実味を帯びたミステリーという部分がこの作品の特徴になっていると思います。かと言って二時間ドラマのようなどろどろした人間関係はなく、現代的というか結構あっさりした事件になっています。
 主人公海斗の能力の特異さにも関わらず、地に足がついた作品になっています。
 

 この作品ですが、時節柄よく出せたなぁと思いました。作品中、結構残酷な描写があったり、そもそも猟奇的な殺人事件が題材なので。しかも高校生がメイン被害者…。がんばりましたね、富士見書房さん。

 次巻が出版されたら、また購入しようと思います。そう思えるほどには面白かった作品です。
 海斗と久遠刑事との過去の関係とか、タナトス事件に絡んだ裏側(アキ姉の話とか)とか。まだまだ気になる話がありますし、今後の展開も気になります。あと、更紗のたち絵が気になります。あとがきに更紗のキャラデザは可愛いとあったのが気になります(*_*) 本編では登場していなかったので。

 次作以降もあまり猟奇的な方向に走ることなく、このままの調子で作品を作って欲しいです。出版されるためにもw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR