佐島佑『ハサミ少女と追想フィルム』 (角川ホラー文庫)

ハサミ少女と追想フィルム (角川ホラー文庫)ハサミ少女と追想フィルム (角川ホラー文庫)
(2014/07/25)
佐島 佑

商品詳細を見る


 最近の角川ホラー文庫、キャラミスとかの作品の分類に困っている管理人です(笑)
 ホラーなのか、ミステリーなのか。それともラノベの変種なのか…。手法がライトノベルに似ているので、ラノベでもいいのかも。

評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 美術大学になんとなく入学した草食系男子、都築道郎(つづきみちろう)は、ひょんなきっかけで知り合ったおかしな先輩、檜垣鷹士(ひがきたかし)に誘われ、どういう訳かホラー映画を作ることに。
 勉強のためにと渡されたホラー映画を見る羽目になった道郎が、あまり乗り気になれないままに映画を見ていると、再生していたPC画面から突如大ハサミを持った少女が現れる。カルミンと名乗る少女につきまとわれることになった道郎は、やがてこの世のものではないもの、カルミンが「ハザマ」と呼ぶ世界が見えるようになり…。
 映画作りに奔走しつつも、ハザマが起こす不思議な事件をカルミンとともに解決していく。

感想
 『ホーンテッドキャンパス』の二番煎じ系かと思いきや、二番煎じでしたw
 が、キャラクターたちが立っているので、別物として十二分に楽しめる作品になっていました。

 管理人的には、ヒロインの速水理緒(はやみりお)が好きですね。
 ヒロインを好きになれるかどうかが、こうした作品のキモだと思うのですが、成功していますねw
 女の子女の子しておらず、サッパリしているというか、べらんめぇ?
 そこはかとない漢(おとこ)を感じますw かと言って可愛さが欠片もないわけでもないという不思議な女の子です。

 お話そのものは、基本的に『ホーンテッドキャンパス』を思い出してもらえればいいと思います。ただ、より現実味は薄くなっていますね。
 また同じように短編連作集の形をとっています。間延びせず、テンポ良く話が進んでいてスイスイ読めます。が、難点としては、ホラー要素がますます薄くなっているので怖くはないですし、かなりライトノベル寄りです。

 そもそも論として「キャラクターノベル」として作り、売り出している時点でライトノベルに近くなりますし、人によってはライトノベルそのものだと言うかもしれません。
 だからと言って、面白くないとかいう訳ではありません。ラノベだから、ラノベっぽいからという理由で敬遠しないで欲しいなと思います。面白い作品ならラノベだろうと一般書籍だろうと構わないと思います。
 

 ちなみに本書(続巻が決定しているようですが)では、まったく映画の撮影には入りませんでした。そして、映画論や撮影論などの話もほとんどありません。キャスト選びと、シナリオ作成に入ったところです。
 映画の話を期待されていると、肩透かしを食う可能性があります。反対に、小難しい映画論のような理論考察はまったくないので、ド素人でも入りやすいと思います。
 
 それはさて置き、結局ぼっちだった道郎くんはぼっちではなく、草食系と言いつつクラスの女子に囲まれるリア充でした…。サギですねw よくある展開なので、別にいいのですが。

 個人的には、「黄昏ノート」の話がおススメです。
 イイハナシダナー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR