籐真千歳『スワロウテイル人工少女販売処』 (ハヤカワ文庫JA)

スワロウテイル人工少女販売処 (ハヤカワ文庫JA)スワロウテイル人工少女販売処 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/06/30)
籘真 千歳

商品詳細を見る


 久々の更新です(^_^;)
 読む方に忙しくて更新が遅れました。この『スワロウテイル』も読み終えてからだいぶ経ってしまいました…。
 では感想です。

評価(☆5が満点)
☆4.5

あらすじ(シリーズ一巻目のもの:『スワロウテイル/人口少女販売処』)
 『種のアポトーシス』の蔓延により、関東湾の男女別自治区に隔離された感染者は、人間を模して造られた人工妖精(フィギュア)と生活している。
 その一体である揚羽(あげは)は、死んだ人工妖精の心を読む力を使い、自警団の曽田陽平(そだようへい)と共に連続殺人犯「傘持ち(アンブレラ)」を追っていた。被害者の全員が子宮を持つ男性という不可解な事件は、自治区の存亡を左右する謀略へと発展し、その渦中で揚羽は身に余る決断を迫られる。

感想
 ぜひとも一読をお勧めします。 SFが苦手な方も是非。

 個人的には、とても面白く読めました。
 本自体は以前から知っていたのですが、何故か触手が伸びていなかったのです。が、気にはなっていたので今回試しに買ってみるかということで購入したんですが、大当たりでした。

 「SF」としての背骨である舞台設定、世界設定が好みでした。
 いいですよね、人工知性。
 人工的に生み出された第三の性、男性と女性の間にあり、人間の友となる人工知性体。
 人工妖精:フィギュアのそんな設定が好きです。
 アンドロイドやガイノイドのような従来の人間の下僕的な、それこそロボットのような人工知性体とは違うところに魅力を感じます。あ、もちろん人間の下僕的なアンドロイドたちばかりではないでしょう。
 『イヴの時間』のような人工知性でしょうか?でもこちらはこちらで、人間に従属的なものもいたし…。

 
 もちろんキャラクターも魅力的で、文句無しです。
 主人公の揚羽も、鏡子もいいですねぇ。
 揚羽は無邪気な部分と大人な部分のアンバランスさがすばらしい。それでいて、少女らしさも失っていないところが上手だなと思いました。
 鏡子は、イイ年した大人なんですが、子供っぽい部分がありますね。個人的には、彼女のニヒリズム的な思考傾向が結構好きでした。毒を吐いてるのに嫌味がない感じ。
 あ、男性である曽田さんはシリーズを通して出てきますが、別にどうでもいいですw

 この後、シリーズを通して揚羽の成長物語が語られていきます。
 と同時に、「人間とは何か」、「人間らしさとは何か」といったテーマもえがかれています。人に似せて人に作られた生命、人工妖精、彼女たちによって人間を見るという視点です。
 彼女たち、人間の友人たるべくして作られた存在に人間はどのように映るのか?そうしたところも考えながら読むと面白いのではないでしょうか。

 何時も難点を書く管理人ですが(^_^;)、今作は値段が高いことぐらいですw 一冊1000円です。
 
 もう少しシリーズを見てみたいお話でした。
 個人的には鏡子さんの過去話、椛子閣下の誕生話など過去編を見てみたいですねぇ。
 語られなかった部分の話を作品化してくださると、とても嬉しいです(^_^)

スワロウテイル/幼形成熟の終わり (ハヤカワ文庫JA)スワロウテイル/幼形成熟の終わり (ハヤカワ文庫JA)
(2011/09/22)
籘真 千歳

商品詳細を見る


スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫JA)スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫JA)
(2012/09/07)
籘真 千歳

商品詳細を見る


スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの (ハヤカワ文庫JA)スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの (ハヤカワ文庫JA)
(2013/07/24)
籘真 千歳

商品詳細を見る


別シリーズになるこちらもどうぞ。こちらがデビュー作だそうです。こちらは全身ギタイの女の子のお話です。
【θ/シータ】 11番ホームの妖精: 鏡仕掛けの乙女たち (ハヤカワ文庫JA)【θ/シータ】 11番ホームの妖精: 鏡仕掛けの乙女たち (ハヤカワ文庫JA)
(2014/07/10)
籐真 千歳

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR