恩田陸 『球形の季節』 (新潮文庫)

球形の季節 (新潮文庫)球形の季節 (新潮文庫)
(1999/01/28)
恩田 陸

商品詳細を見る


 恩田陸さんの昔の作品。
 ブックオフで見つけて、ついでに安かったので購入。100円でした。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 東北のある街で、奇妙な噂が広まった。「5月17日、一校の校庭に宇宙人が来て、エンドウという生徒が殺される」。
 出所不明で、細部は違うが類似した噂がある時突然広まった。
 市内に4校ある高校の有志で結成されている合同研究会、「地歴研」のメンバーは噂の出所を調査することにした。しかし調査半ばで、噂通り「エンドウ」という名の女子生徒が姿を消す。しかもまた新しいうわさが流れる自体に。
 街中では金平糖を蒔くおまじないが流行し、新たな噂も流れだす。今、平凡でありふれた日常が何かに浸食されつつあった。

感想
 「学園ホラー」と紹介されていましたが、学園は舞台の中心ではありませんでしたし、ホラーというより不思議現象でした。 何が言いたいかというと、肩透かしを食らった感じです。
 決して面白くない訳ではないですが、期待していた物とは似て非なるものでした。『六番目の小夜子』のようなものを期待してたのです。まぁ、小夜子も本当の意味でのホラーではないですが(^_^;)

 解説の方は「現実感」に注目して解説されてますね。
 日常を一つめくったすぐそこにある非日常。それがこの作品のキモだって。
 まぁ、それって普通ですよね。ホラーに限らず、ふとした時に気付く違和感、非現実感が物語になるんだと思います。

 でも『小夜子』と違い、今作ではその非現実感が超常現象に結び付けられているせいで、現実が遠のき過ぎていて怖さが薄い気がします。
 『Another』も超常現象が関わっていますが、綾辻さんが上手なために「現実味を持った怖さ」というものがあってホラーとしても面白いものになっていたと思います。
 その点、本作は恩田さんの初期作品ということもあってかイマイチだった気がします。


 ホラーやミステリーとして読むのではなく、青春もの、学園ものとして読めば楽しめるのではないでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR