ヤマザキマリ『プリニウス (1)』 (バンチコミックス45プレミアム)

プリニウス (1) (バンチコミックス45プレミアム)プリニウス (1) (バンチコミックス45プレミアム)
(2014/07/09)
ヤマザキマリ、とり・みき 他

商品詳細を見る


 『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさんによる新作です。
 今度は、『博物誌』で有名な大プリニウスが主人公。

評価(☆5が満点)
☆3.5

感想
 あらすじは、『古代随一の博物学者であり、『博物誌』の著者、プリニウスの一代記』ということいが書きようがなかったので、省略しますw

 また面白そうなテーマを選んだなぁ、と期待の目で見ております。
 『テルマエ』は、最後変な方向に行ってしまったと個人的には思っているので、今作ではぶれることなく最後までいって欲しいですね。
 プリニウスという人物を描き切って欲しいと思います。

 相変わらず、真面目な作品の中にクスリとできるポイントをちりばめていて、面白く読めます。
 プリニウスという人物にそれほど造詣が深くなくとも、十二分に楽しめる作品になっているかと思います。

 個人的にはどうして、人物と背景で作家を分けたのかが謎ですw 原作と絵ではないところが謎。
 二度手間なのでは??

 評価は今後の期待も込めての評価です。

 本作の主人公であるプリニウスの最期については、彼の甥、小プリニウスが記録を残しているのでそちらを見ることで、どんな人物だったかを知ることもできますよ。
 他にも、小プリニウスは属州総督を務めた人物でもあり、同時のローマ帝国の様子を知りたい方にも有用だと思います。また一次資料としても非常に重要なものなので、研究にも使えますw
 ちなみに、この資料は甥である小プリニウスが記述したものですので、プリニウス本人の著作が見たい方は『博物誌』の方を読んでくださいね。

※大・小の呼称は、学術上の要請によるものです。価値判断は含まれていませんのであしからず。
 他には大スキピオ、小スキピオなんかが居ますね。

プリニウス書簡集―ローマ帝国一貴紳の生活と信条 (講談社学術文庫)プリニウス書簡集―ローマ帝国一貴紳の生活と信条 (講談社学術文庫)
(1999/03)
国原 吉之助

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR