佐藤多佳子『黄色い目の魚』 (新潮文庫)

黄色い目の魚 (新潮文庫)黄色い目の魚 (新潮文庫)
(2005/10/28)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る



評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 周囲に溶け込まず、イラストレイターの叔父にだけ心を開いている村田みのり。
 絵を描くのが好きで、絵だけ描ければそれだけでいいと考えている木島悟(きじまさとる)。
 海辺の高校で、同級生としてそんな二人は出会った。美術の時間、みのりをデッサンしてから気が付くと彼女のことを目で追ってしまう悟。それは恋なのだろうか。
 友情でもなく恋愛にも至っていない、名づけられないけれどそこにある真直ぐな思い。16歳というもどかしく切ない季節を描き出す。

感想
 少し山田詠美『ぼくは勉強ができない』を思い出しました。内容は違いますが、同ジャンルですし、海沿いの高校が舞台ですし。

 青春小説としては面白いと思います。
 まぁ、あまりこのジャンルの作品を読んできている訳ではないので断言はできませんが(^_^;)
 
 解説の方が書いていましたが、登場人物は魅力的な人物造形になってます。興味を引かれる人たち、といった方が正確でしょうか。が、そんな奴いねぇと言いたくなるような人物が居るのも確かですが。

 二人の主人公、みのりちゃんと悟くんには、残念ながら管理人は感情移入できませんでした。
 管理人の青春がダメすぎたせいかもしれませんが…orz
 この二人、行動がどこぞの芸人真っ青の破天荒ぶりなもので。

 途中までは面白く読んでいたのですが、後半から突然のように村上春樹臭がしました。
 どうしてだ?
 酒とセックスが出てきたからか…。 作者さんが、「青春だから酒とセックス」のような安易な考えでないことを祈ります。
 個人的にはこうしたガジェットは必要無いと思います。現在そんな高校生、そんなにいないでしょう?


 不器用ながら一生懸命周囲と戦う思春期の二人には、好感が持てました。
 青春してる感じです。
 周囲とは衝突しながらも自己を形成していく。そんな思春期特有の青臭さを感じることができます。

 ただ主人公に感情移入がしにくいせいか、どうしても没頭することができない作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR