高殿円 『カーリー 』 (講談社文庫)

カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)
(2012/10/16)
高殿 円

商品詳細を見る


 近所のブックオフで見つけたので、購入しました。 青春小説との照会に惹かれての購入。
 元々はライトノベルとして販売されたものの、一般書籍への移行だそうです。

評価(☆5が満点)
☆2

あらすじ
 第二次世界大戦前夜、英国統治下のインド。
 故郷であるロンドンを離れ、父の赴任に伴いインドにある女学校に編入することになった14才のシャーロット。彼女は編入先の英国駐在員の子女たちが通う学院の寄宿舎で、神秘的な雰囲気を纏った美少女カーリーガード・アリソンと出会う。彼女との出会いが、シャーロットの運命を変えてゆく。 
 オルガ女学院では、英国本国では既に廃れた因習が根強く残っていた。シャーロットは伝統に縛られる教師やクラスメートたちと衝突しつつも、仲間と出会い、学園生活を送ることになるのだが、時代の波は彼女たちのすぐそばまで迫って来ていた。

感想
 作品の舞台が、大戦前のインドという珍さに惹かれました。あと、学園ものだったこと。
 残念ながら、私が期待したものとは違っていましたので低評価です(^_^;)

 確かに学園ものでしたし、シャーロットはおてんばさんでした。 
 学校での生活なんかも読んでいて楽しくはあったのですが、いかんせん作品の通奏低音になっている『大戦前夜』の雰囲気が強すぎました。
 政治色が満載で、フィクションとしての小説には合ってないような気がしました。

 また、学園もの、戦争もの、スパイもの、謀略もの、恋愛ものと数々の要素がふんだんに盛り込まれ過ぎていたのも難点でしょうか。 学園ものと恋愛ものだけに絞るとかされていれば、とても面白く読めたかなと思います。

 個人的には桜庭一樹さんの『GOSICK』シリーズの方が、面白く読めました。こちらも戦争前夜、学園、スパイ、恋愛と諸要素満載です。
 恐らく両者の違いは、一作品(一冊)に込めてある出来事の過多だと思います。『カーリー』は、詰め込み過ぎた感があります。


 この作品はシリーズもののようですが、後追いはしないことにしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR