竹井10日『彼女がフラグをおられたら 世界の真理など、私一人で充分だ』

彼女がフラグをおられたら 世界の真理など、私一人で充分だ (講談社ラノベ文庫)彼女がフラグをおられたら 世界の真理など、私一人で充分だ (講談社ラノベ文庫)
(2014/05/30)
竹井 10日

商品詳細を見る


細かくは語りません。と言うか、語れません。
 今作にて、いきなりの超展開が始まります。「なんだそりゃ」と思うこと間違いなし。
 前作までの話は何処へ行ったのでしょうか???
 最早別作品なのでは?

 と言う訳で、評価です。

評価(☆5が満点)
☆1.5

 見どころは、ありません。
 この人、終盤での超展開が好きなのでしょうか?別作品でもこんなことがあったような…。
 追いかけるのは、やめにしようかと思います。でも来月に次巻が出るんだよなぁ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR