浦賀和宏 『彼女は存在しない』 (幻冬舎文庫)

彼女は存在しない (幻冬舎文庫)彼女は存在しない (幻冬舎文庫)
(2003/10)
浦賀 和宏

商品詳細を見る


 以前紹介した『記憶の果て』、『時の鳥籠』の作者さんの別作品です。
 上記に作品はとても不思議な作品でしたので、他の作品も読んでみようと購入。
 こちらは幻冬舎さんから出版されているものです。

評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 平凡だけれど、恋人もいる幸せな生活を送っていた香奈子(かなこ)の日常は、ある日突然、恋人の貴治(たかはる)を殺されたことにより終わりを告げる。
 同じ時期、根本有希(ねもとゆうき)は、母親の死を契機に異常行動をとるようになった妹に不信感を募らせていた。そして根本は、妹に多重人格ではないかという疑いを向け始める。
 香奈子と根本の二人は、やがて事件を巡って結び付いていくことになる。事件の背後に見え隠れする女性、「アヤコ」は一体誰なのか。 

感想
 本作は、純粋に分かりやすく面白かったですw
 ミステリーとしてキチンと完成されているので、読んでいて面白かったです。
 決して前回紹介したものが悪いという訳ではなく、一ミステリー作品として素晴らしかったということです。あしからず。

 作品は、香奈子と根本有希という二人の視点を通して進んでいきます。
 というよりも、二人それぞれのエピソードを交互に繰り返すことで作品は進んでいきます。彼らのエピソードの核心にあるのは一つの事件と、ある一人の女性です。
 視点の変更のおかげで、別の角度からの考察が事件に加えられることになるのでより深く話に入れます。


 前回紹介した二作品、『記憶の果て』、『時の鳥籠』と同じく、この作品でも『「私」探し』がテーマにあるようです。
 デカルト的な「私」ですね。
 「我思う故に我あり」の「私」であり、自我ですね。アイデンティティー。
 アイデンティティーの危機に立ち向かう人間、というものを作者さんが好きなのかもしれませんね。上手く言語化できませんが、自分の周りの世界と自己の在り様、戦いみたいなものを書きたいのかもしれません。

 『記憶の果て』では、主人公は父親の死を契機に自己の出自の秘密に触れ、自己が揺らぎます。
 『時の鳥籠』でも、主人公の少女は閉じた時間と記憶喪失のなかで、自分に迷います。
 本作でも、根本の妹は多重人格という自己意識の危機にあります。

 こうした自分の足元がぐらぐら揺らいでいる人たちの格闘の話、という風に浦賀さんのこれらの作品はまとめられるかもしれません。
 他の作品は未読ですので、この作家さんの特徴としていいのかは疑問ですが、少なくともこれらの作品にはこうしたものがテーマとして見られます。


 ミステリー部分は、素直だったと思います。
 トリックについては、ここで触れることができまない類のものなのでご了承ください。
 無理やりな展開、ご都合主義的な推理といったものではなかったということだけ書かせてもらいます。
 タイトルです。 
 綾辻行人さんの『Another』などに通じます。


 久々に面白いミステリーでした。
 初版発売から10年後に人気が出たという不思議な作品だそうです。
 でも、人気になるだけの面白さを持っている作品であることは確かです。
 「もっと評価されるべき作品」タグが必要ですw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR