櫛木理宇 『ドリームダスト・モンスターズ』 (幻冬舎文庫)

ドリームダスト・モンスターズ (幻冬舎文庫)ドリームダスト・モンスターズ (幻冬舎文庫)
(2014/05/15)
櫛木 理宇

商品詳細を見る


 『ホーンテッド・キャンパス』の櫛木理宇さんの新シリーズということで購入しました。

評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 悪夢に悩まされている女子高校生、石川晶水(いしかわあきみ)。数ヶ月前の事故と最近毎日のように見る悪夢からくるストレスで、自己の内に閉じこもりがちになり、晶水はクラス内で孤立していた。しかしそんな彼女に何故かまとわりついて来る、お調子者の同級生の山江壱(やまえいち)。壱は、晶水の冷たい態度にもめげず、彼女にアプローチを繰り返す。
 実は壱は、他人の夢に潜り、その人間の悩み(悪夢)の解決を手助けする「夢見」の能力を祖母から受け継いでいた。彼は晶水の悪夢を取り除くために、彼女の夢の中に潜り込む。
 壱が晶水の夢の中で見つけるものは…。

感想
 作品のジャンルは、前シリーズである『ホーンテッド・キャンパス』と同じくオカルトです。
 相違点は、舞台が大学から高校に変わったことぐらいですかね。なので、やっていることはほとんど同じでした。
 ただ、登場人物が高校生中心ということで、よりライトノベル寄りになっています。まぁもともとキャラクター小説ですので変わりはないかもですが(^_^;)

 「夢見」の能力は、あまり超常じみておらず、どちらかというと「夢診断」に近いものになっていました。ですので、オカルト方面によりすぎることもなく、地に足の着いたものになっています。映画『インセプション』のような、夢の中に入ってドンパチする、冒険するといったような展開はありませんので、その点には注意してください。

 『ホーンテッド・キャンパス』もそうですが、オカルトというよりも「少し不思議」話であり、『世にも奇妙な世界』のような作品になっています。オカルト的な部分と科学的というか、合理的思考のバランスのとり方が、相変わらず上手な作家さんだと思います。


 ただ、ここに問題もあるように思います。
 言ってしまえば新シリーズとは言え、やっていることは前シリーズと同じなので、新シリーズを刊行するなら『ホーンテッド・キャンパス』の続編を書いて欲しいというのが正直なところです。
 良かった点は、登場人物が違うところでしょうかw
 とはいえ各話それぞれのまとめ方、面白さといったものはきちんとしているので、面白くないということはありませんでしたので、ご安心を。

 もう一点。「甘酸っぱいオカルト青春ミステリー」とか「胸キュン100%保障」などと帯に書かれてたりしますが、シリーズ一巻目ということもあるのであまり期待しないよう。
 まだ始まったばかりですので、壱と晶水の関係も始まったばかりです。そもそも恋愛小説ではないので、ポンポン進展しませんしw 二人の恋愛関係はこれからに期待です。


 以上、管理人個人としては、『ホーンテッド・キャンパス』の方がおススメです。
 本作品も一つの作品として決して悪くはないのですが、先に述べた理由から前シリーズの方をおススメします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR