FC2ブログ

誉田哲也 『ルージュ ガラスの太陽』 他…

 久しぶりの更新になってしまいました。 
 今回は結構溜まっているので、いつもの評価と若干の本の感想にさせてもらいたいと思います。

新刊
・誉田哲也      『ルージュ ガラスの太陽』       ☆4
・清水朔       『奇譚蒐集録 弔い少女の鎮魂歌』  ☆3.5
・草森紳一      『随筆 本が崩れる』           ☆4
ラノベ・コミックス
・丸戸史明     『冴えない彼女の育て方 FD2』      ☆4
・入間人間     『やがて君になる 佐伯沙弥香について』 ☆4
・末次由紀     『ちはやふる 40』              ☆3.5
・広江礼威     『BLACK LAGOON 11』           ☆4
・濱田浩輔     『はねバド! 14』               ☆4
・アfロ        『MONO 1』                 ☆4

既刊
・太田紫織     『あしたはれたら死のう』       ☆3
・早瀬乱      『レテの支流』             ☆3.5
・貫井徳郎     『追憶のかけら』            ☆4
・――        『天使の屍』              ☆4
・内藤了       『COPY』               ☆3
・養老孟司     『身体巡礼』              ☆4
・パトリシア・コーンウェル   『死体農場』        ☆4
・――        『私刑』                 ☆4
ラノベ
・犬村小六     『やがて恋するヴィヴィ・レイン 1∼7』 ☆4


感想

『奇譚蒐集録』
 南の島に伝わる奇妙な葬送儀礼を調査する民俗学ミステリー
 葬送儀礼にまつわる話はとても面白い。 が、終盤やや唐突に伝奇物風になるのはいかがなものか。そこがなければ最高。

『本が崩れる』
 6万冊に迫るという本との戦いをユーモラスに描くエッセイ。 他には、喫煙・野球少年時代を振り返るエッセイも併録。

『やがて君になる 佐伯沙弥香について』
 コミックス『やがて君になる』公式スピンオフ小説。 本編で少しだけ触れられていた沙弥香の中学時代のエピソード。

『BLACK LAGOON 11』
 フォン編完結。 読んでいるうちにフォンさんが可愛くなってくる。

『MONO』
 『ゆるキャン△』の作者さんによる別作品。 山梨(甲府市周辺)をメインにした女子高生・アウトドアグッズもの。舞台が共通ということで、この巻では『ゆるキャン△』のキャラクターが登場する話・聖地巡りの話も。

『追憶のかけら』
 事故で妻を亡くしたうだつの上がらない大学講師の、逆転を掛けた物故作家の未発表作品についての論文作成と、そこに待ち受けていた思いもよらない悪意を描くサスペンス。
 過去と現在、虚と実が入り混じり、二転三転する展開が見どころ。最後に待ち受けるシーンは感動もの。

『天使の屍』
 中学生の連続自殺事件を追うミステリー。 最愛の息子を亡くした父親の苦悶を描く。 次第に明らかになる事件の全貌と、少年たちの覚悟に脱帽。

『やがて恋するヴィヴィ・レイン 1∼7(完)』
 ブックオフに並んでいたので購入。 『とある飛行士への追憶』から追いかけていた作者さんでしたが、全く別シリーズということで読んでいなかった作品。
 ファンタジー戦記物。全体的な雰囲気は、『とある~』シリーズを踏襲。ある人物のトリックスターというか、道化ぶりが好き。


 今回はこんなところです。
 来月には、小川一水さんの『天冥の標』シリーズの最終巻の上が出ますね。 楽しみです。
 久々にアニメを見ていますが、アニメ版『やがて君になる』、面白いです。 原作の雰囲気そのままに綺麗にアニメ化されていました。 どこまでやるんでしょうか? 生徒会劇の終わりぐらいまでやるんでしょうか。

 それではまた次回ノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR