三浦しをん『神去なあなあ日常』 (徳間文庫)

神去なあなあ日常 (徳間文庫)神去なあなあ日常 (徳間文庫)
(2012/09/07)
三浦しをん

商品詳細を見る


 三浦しをんさんの『神去なあなあ日常』です。
 昨日5月10日から実写映画『Wood Job』として公開されていますね。

評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 平野勇気、18歳、高校3年生。間近に迫った高校を卒業したらフリーターで食べていこうかと考えている、どこにでもいそうな普通の高校生。
 しかし卒業式の日、担任に何故だら就職先として三重県での林業の現場を薦められ、というか就職を決められ、あれよあれよという間に勤務地である三重県の山奥に連れて行かれることに。連れていかれた神去村は、携帯も通じない山奥の小さな山村だった。
 自然豊かな山村でまきおこる、新人林業社員と個性豊かな人々が繰り広げる騒動記。

感想
 実は管理人、三浦しをんさんの作品はこれが初めてです。『舟を編む』も実は未読だったりします(^_^;)
 そんな初美浦さん作品でしたが、非常に楽しめました。
 林業をテーマにした職業小説でしたが、エンターテイメント性があり、小説として十二分に面白い作品でした。もちろん林業を知らずとも楽しめますよ~。
 
 もちろん職業小説ですので、「林業」という職業についても詳しくなれます。林業の現場の過酷さや、必要性、やりがいなどを知ることができます。もちろん理想ばかりではなく、安価な海外産材木に押されて衰退傾向にある日本林業の現状なども書かれています。
 緻密な職業描写に、三浦さんの丁寧な取材の跡をうかがうことができます。

 舞台となる「神去村(かむさりむら)」は、「なあなあ」精神が息づいたのんびりした村ですが、謎もたくさん。ちなみに「なあなあ」は、村の言葉で「ゆっくり行こう」とかいう意味の言葉ということになっています。沖縄の「なんくるないさ」みたいなものでしょうか。

 そして主人公の勇気が務めることになる、「中村林業株式会社」の面々も個性的です。
 社長であり、村の総代でもある中村精一(なかむらせいいち)。30代と若いのに重圧をものともしない人。
 社長の幼馴染でもあり、野生児、飯田与喜(いいだよき)。林業をするために生まれてきたような男。
 田辺巌(たなべいわお)、子どもの頃神隠しにあったというおじさん。
 小山三郎(こやまさぶろう)、74歳なのに現役の山師。

 主人公の勇気くんですが、最初は横浜出身という都会っ子らしく田舎である神去村を疎んじ、村の行事などを時代錯誤の非合理的なものとしてバカにしたりしています。
 本作は職業小説であるとともに、この勇気くんの成長小説でもあると言えます。
 林業という職業を通して自然に、村の人々に触れ、関わっていく中でどのような変化が勇気くんの中に起こっていくのかも楽しみの一つです。

 もう一つ、勇気くんと直紀さんとの恋模様も気になるところですw
 直紀さん、いわゆるクーデレ(クールだけど、デレると可愛い)人間なので、頑張って欲しいです。本作の続編となる、『神去なあなあ夜話』では多少の進展が見られますので、このまま頑張って欲しいものです。
 さらなる続編が見られるのかは分かりませんが、期待してます。


 彼らこの作品の登場人物を通して、自然と人間の関わり方、あり方みたいなものをもう一度立ち止まって考えてみるのもいいかもしれません。
 もちろん今ある生活、文明を棄てて自然に回帰しろなんてことは、言いませんし三浦さんも言わないでしょう。
 ですが、急がずに「なあなあ」の精神で立ち止まって考えることは有益かと思います。


 話は変わりますが、実写映画『Wood Job』の方も気になりますね。面白いといいですが、時間とお金に余裕があれば見に行こうかな。

神去なあなあ夜話神去なあなあ夜話
(2012/11/28)
三浦 しをん

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR