FC2ブログ

月村了衛 『自爆条項 上・下』他感想…

 遅くなりましたが、今回の分の紹介と感想です。

新刊
 コミックス
・末次由紀     『ちはやふる 36』         ☆3.5
・Koi         『ご注文はうさぎですか? 6』   ☆3.5


既刊
・月村了衛     『機龍警察 自爆条項 上・下』       ☆4
・藤木稟    『バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ』  ☆3
・P.コーンウェル  『証拠死体』                   ☆3.5
・D. アーモンド   『肩甲骨は翼のなごり』            ☆4
・J. ディーヴァー  『コフィン・ダンサー 上・下』         ☆3.5


感想


『ちはやふる』
 クイーン戦東日本予選準決勝・理音戦。体力も付き、死角がほぼなくなった理音に苦戦する千早と、相変わらずドM 戦法な太一。今後は、どうにか千早がクイーン戦進出、東西代表決定戦で新と太一が一先ず雌雄を決するんでしょう。周防さんとの名人戦はおまけになりそうですが(苦笑)。とは言え、まだあと数巻以上はかかるでしょうからまだまだ楽しめそうです。

『ごちうさ』
 青山担当編集・凛さんが、本格参戦の模様。ハロウィーン~クリスマスまでの秋冬イベント回。

『自爆条項』
 「機龍警察」シリーズ続編。 今回は特捜部の三人のうち、ライザに焦点を当てた話となっています。 彼女が如何にしてIRF(IRAの武闘派分派という設定の模様)所属のテロリストから、現在の日本の警視庁の特捜部入りを果たしたのか。
 スケールが前回よりも拡大しましたが、ストーリーは薄まるどころかより詰まっていて素晴らしかった。濃ゆいです。そして、SFに偏り過ぎず、警察小説作法に偏り過ぎず、絶妙な読みやすさの作品に仕上がっているところもまた素晴らしいです。
 続編が読みたいところですが、まだ文庫化されていない模様。出来れば文庫で集めたいので、待ちでしょうか(我慢できずに単行本で買うかもしれませんが)。

『千年王国のしらべ』
 シリーズ4作目。 今回の調査は、イエス・キリストと同じく、死して後3日に復活したとされるアントニウス神父の調査。「よくまぁ、こんなにネタが浮かびますね」と感心します。キリスト教に関する知識や科学的知識の扱いが上手。オカルトに堕していないところが良い。 次巻以降も買いました。

『証拠死体』
 「ケイ・スカーペッタシリーズ」の第二作。今回は、殺人を示唆している恐喝者を自ら招き入れたとしか思えない状況で殺害されていた女性作家の事件を、科学捜査を駆使して追う。 マリーの警部補とケイとのやり取りが、夫婦漫才のようで面白くて好きです。

『肩甲骨は翼のなごり』
 ファンタジー作品。児童書とのことですが、創元推理文庫から出版されています。 引っ越したばかりの古い家のボロボロのガレージの隅で出会った「彼」と隣の家の少女ミナとの、不思議な体験を描く。 「彼」ことスケリグの背中には翼のようなものが…。
 読後は、懐かしい気分や優しい気持ちになれること請け合い。是非読んで、主人公マイケルの一生懸命さ・健気さに胸を打たれ、ミナの子供らしからぬ物言いに度肝を抜かれたり、スケリグの謎に思いをはせましょう。
 「旨し糧。神々の神酒。」、「27番と53番」。

『コフィン・ダンサー』

 「リンカーン・ライムシリーズ」の第二作。「コフィン・ダンサー」と呼ばれるプロの殺人犯による証人殺害を防ぐべく、ダンサー逮捕にライムとサックスのコンビが挑む。
 ダンサーとライムの知力を尽くした勝負が一番の見どころ。全編通して二人の駆け引きに痺れます。保護対象の証人パーシーの胆力にも目を見張ります。序盤は分を弁えない身勝手な言い分にイライラしたこともありますが、終盤は応援していました。
 今回は、最後に色々と趣向が凝らされていてそちらも面白かったです。ミステリーとしては禁じ手の部類かも知れませんが、あまり気にはなりません。



 今回はこんなところです。
 いつもより少ないのですが、他に福沢諭吉『学問のすゝめ』、新渡戸稲造『武士道』などを読んでおりました。『証拠死体』なども厚かったので、少々時間を取られました。
 『学問のすゝめ』、『武士道』ともに一読をお勧めします。もっと早く読んでおくべきでした。


 それではまだ次回。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR