FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相沢沙呼 『マツリカ・マトリョシカ』他感想…

 朝晩とめっきり寒くなってきて、絶好の読書向けの気候になりました♪
 残暑も厳しくなくて、良い感じですね。
 それでは、今回の分の感想です。どうぞ~。

新刊
・相沢沙呼     『マツリカ・マトリョシカ』(単行本)  ☆4


既刊
・阿部智里      『烏に単は似合わない』      ☆4.5
・――         『烏は主を選ばない』        ☆4
・――         『黄金の烏』             ☆4
・――         『空棺の烏』             ☆4
・筏かつら       『君に恋をするなんて、ありえないはずだった』   ☆3.5
・――         『君に~ そして、卒業』                ☆3.5
・小川一水      『天涯の砦』              ☆4
・川瀬七緒      『よろずのことに気をつけよ』  ☆3.5
・太田忠司      『奇談蒐集家』          ☆3.5


感想

『マツリカ・マトリョシカ』
 「廃墟の魔女」マツリカさんと、その「下僕」柴山君コンビによる学園ミステリー「マツリカさん」シリーズの三冊目となる新刊。
 今回は曰く付きの開かずの間で起きた事件を解くのだが、あろうことか柴山君に事件の犯人の容疑がかけられてピンチに陥る。過去にも似た事件があったというが、時を超えた二つの事件を解決することはできるのか。
 というのがあらすじですが、今回はマツリカさんに動きが…。いつもの引き籠り先であるところの廃墟から出てくるとは。ひょっとして柴山君の為でしょうか? 多分ただの謎解き上の利便性を優先したとかでしょうが…がんばれ柴山‼
 いつもながら学校生活の描写が上手です。相沢さんの学校ものの作品の大きな魅力の一つですね。ところで、「酉乃さんシリーズ」の方の新刊は出ないのでしょうか? こっちも読みたいですね~。


「八咫烏シリーズ」
 阿部さんの作品、まとめて紹介します。
 人型をとれる八咫烏が暮らす「山内」という異界を舞台としたファンタジー作品。各巻ごとに異なる趣向が凝らされていて、シリーズを通して読んでみるとその幅広さに驚けるかも。 なお、各巻一捻りが加えられており、一筋縄では行かいところもこのシリーズの魅力です。
現在、文庫で4冊、単行本で2冊が刊行されており、最新刊で第一部完結となっている。今回紹介するのは文庫版。

『烏に単は似合わない』
 山内を支配する金烏の世継の妃選びを舞台とした、謀略ものの色彩の強い作品。かと思いきや、妃選びの舞台で起こる事件の謎を解くミステリーでもある(松本清張賞受賞作)。 権謀術数渦巻く宮廷ものでありながら、ミステリーとしても楽しめる作品。
 浜木綿がとてもイイ♪

『烏は主を選ばない』
 二作目といいつつ、『烏に単は似合わない』と表裏一体をなす作品(もともとは、合わせて一作だったそうな)。
 こちらは『烏に~』の裏側で、世継たる若宮は何をしていたのかを描く。シリーズ主人公なのに『烏に~』で登場したのは、終盤のみだった彼の真意というか、行動の理由が明らかになります。もう一人の主人公、雪哉も正式に登場します。

『黄金の烏』
 若宮の言う「真の金烏」とは何か、がテーマの第三弾。第一部での宿敵となる大猿たちが登場。『24』風味。

『空棺の烏』
 改めて若宮に忠誠を誓った雪哉をメインに描く、学園もの。ハリポタ風味。雪哉の「黒さ」が十二分に堪能できますw 来る大猿との争いに向けての準備期間。いい仲間が出来ます。

 『玉依姫』、『弥栄の烏』が単行本ですでに刊行されているので、購入しようかどうか迷い中。どうせ文庫化されたらそちらでも買うので、待つべきか。とは言え続きはすごく読みたいのですが…。ジレンマ。



『君に恋をするなんて、ありえないはずだった』、『そして、卒業』
 前回、前々回と紹介した九曜さんの影響でか、個人的にプチ恋愛小説ブーム? まぁ、これは書店でプッシュされていたんで手に取ってみたのですが。
 底辺男子と美少女クラスメイトとの格差・すれ違い系ラブストーリー。二巻で一つの話になっています。単なる理想化された恋愛模様を描いている訳ではないところが割と好感。男の方の中盤以降発揮される無駄な頑なささや、すれ違い後の二人のいじましさに悶絶すること請け合いw


『天涯の砦』

 事故により崩壊したスペースコロニー、辛うじて事故から生き残った人間たちの生存への戦いを描く、ハードSF・サバイバル作品
 大島功という人間の言動にイライラしましたw 逆にあの状況下であの言動がとれるのは大物なのかも? 
 作品としては細部に丁寧に気を配ってあり、サバイバル部分の描写も迫真性があるなど流石小川さんといった仕上がりでした。


『よろずのことに気を付けよ』
 「法医昆虫学」シリーズの作者さんのデビュー作。今更ですが(;´・ω・)
 こちらは、呪術といった「法医昆虫学」とは真逆ともいえるオカルティックなものがテーマ。とは言え、オカルトをオカルトのままで使わないところが流石。民俗学の知識を縦横に使い、呪術を解体、犯人に迫っていく。
 が、この作品は犯人当てがメインの、所謂本格ものではないので、そこは注意。本書の眼目は、民俗学の知識を縦横に用いて呪術を分析し、呪術の性質から呪術者のプロファイルを作って犯人に迫っていくところにあり、犯人当ての推理は二の次。この点は「法医昆虫学」シリーズにも踏襲されていますね。


『奇談蒐集家』
 連作ミステリー短編集。
 種々の奇談が奇談蒐集家・恵美酒(えびす)のもとに持ち込まれるが、語り手が話す摩訶不思議な話は恵美酒の「助手」の手で見事にその神秘性を剥ぎ取られる。しかし、最後の一編「すべては奇談のために」で、その様相が一変する。
 安楽椅子探偵・氷坂(助手)による推理が見事な、最後に不思議な余韻(モヤモヤ)を残す作品。<「奇談蒐集家」という奇談>


 今回はこんなところです。
 「八咫烏シリーズ」がとても面白かった。
 『十二国記』、『図書館の魔女』、「オーリエラントの魔術師」シリーズなど、国産の面白いファンタジー作品が増えてうれしいですね。
 
 あとは、宮部みゆき『この世の春』が気になっているところ。だが単行本…。 『荒神』もまだ読んでいないし…。

 そんなこんなですが、それではまたノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。