ケン・リュウ 『紙の動物園』他感想

 今回の分の感想です。

新刊
・ケン・リュウ        『紙の動物園』         ☆4.5
・――            『もののあわれ』        ☆4
・野崎まど・大森望編   『誤解するカド』         ☆3.5
・高田大介         『図書館の魔女 烏の伝言 上・下』  ☆4

既刊
・谷崎潤一郎    『春琴抄』    ☆3.5
・倉橋由美子    『聖少女』    ☆3.5
・多島斗志之    『症例A』     ☆3.5
・東野圭吾      『むかし僕が死んだ家』           ☆3
・ウッドハウス    『ジーヴズの事件簿 大胆不敵の巻』  ☆3
・ガルシア・マルケス 『エレンディラ』  ☆3.5


感想

『紙の動物園』、『もののあわれ』
 SF短編小説。もとは『紙の動物園』として単行本で刊行されたものの分冊文庫化したもの。 『紙の動物園』はそのうちファンタージー要素が強い作品群、『もののあわれ』はSF要素が強い作品群とのこと。
 どちらの収録作も素晴らしく面白かった。SF好きの方には是非ともご一読をお勧めします。以下は個人的なおススメ。
 『紙の動物園』では、「紙の動物園」、「結縄」、「太平洋横断海底小史」、「愛のアルゴリズム」、「文字占い師」
 『もののあわれ』では、「もののあわれ」、「円弧」、「波」、「良い狩りを」
 テッド・チャン『あなたの人生の物語』も読んでおくといいかもしれません。

『誤解するカド』
 野崎まどさん監修のアニメ『正解するカド』に合わせたSFアンソロジー。 ディックや筒井康隆をはじめとした、国内外のファーストコンタクトもの作品集。
 個人的には、筒井康隆「関節話法」、小川一水「コズミックロマンス with E」、スタージョン「タンディの物語」、ディック「ウーブ見重く横たわる」、円城塔「イグノラムス・イグノラビムス」、飛浩隆「はるかな響き」が面白く読めた。

『烏の伝言 上・下』
 ファンタジー。
 「図書館の魔女シリーズ」の続編です。文庫化されたので文庫で買いました。
 今回の舞台は一の谷ではなく、ニザマの辺境クヴァングヮン。前回引き起こされた、ニザマ政変を逃れるべく逃避行する姫とその一行が話の中心です。
 そのため前回とは作風が違ううえ、終盤までマツリカもキリヒトも登場しないので、ちょっとモヤモヤしますがさすがに読ませてくれます。 今回も名言が多い。 剛力衆と鼠たちがいい味出してる。
 シリーズ第三作が今年刊行される予定だそうですので、そちらも今から楽しみです。 キリヒトはどうしているのかなぁ…。

『春琴抄』
 未読だったので。 もっと変態変態しているのかと思いきや(だって谷崎だし…)、意外に素敵な物語でした。あとがきにありますが、「単なる被虐趣味をつきぬけて、思考と官能が融合した美の陶酔の世界」との形容がふさわしいものでした。

『聖少女』

 近親相姦をテーマに、独特の怪しいブラックユーモアで描き出した作品。 ことさらに性行為に焦点を当てたような作品ではなく、近親相姦の聖化、行為の昇華を目指した作品。 最終盤のヒロインのセリフ、「そしてとうとうあたしのなかにとじこもろうとなさるのね、そして、あたしのなかで、たぶん、あなたのゆっくりとした死がはじまるのでしょうね……」(p.232)が深い余韻を残す。

『症例A』
 ミステリー作品。 ただし犯人は病気であり、推理は診断。 ある少女の病状の診断・治療めぐる、精神科医である主人公と他の医師、臨床心理士とのやり取りをメインにした作品。
 解離性同一性障害、いわゆる多重人格を議論の中心に据えた作品だが、ことさらサスペンスチックに脚色されておらず、地に足のついた、医学的知見に基づいた丁寧な議論がされているところに好感が持てる作品。医学用語なども丁寧に説明されていて、難し過ぎるといった心配はいらない。

『むかし僕が死んだ家』

 ノンシリーズで、未読だった作品。 幼少期の記憶がないという元恋人の記憶を辿る為、彼女の祖父が遺した手掛かりをもとに記憶を探ることに。 特段これと言ったことはないが、ヒロインの最後のメッセージが良い。

『ジーヴズ』
 文春文庫版「ジーヴズシリーズ」の第二弾。
 今回もジーヴズ執事は素敵ですw 恋多き男ビンゴにとうとう年貢の納め時が来るとは…。

『エレンディラ』

 ノーベル賞作家ガルシア・マルケスによる、がたっぷり詰まった「大人のための残酷童話」短編集。 もう少し取っつき難い作品かと思っていたら、読みやすくてびっくりした。 ブラックだけれど、どこかユーモラスで、ファンタジックな作品。
 個人的には、表題作「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」、「大きな翼のある、ひどく年取った男」、「奇跡の行商人、善人のブラカマン」が気に入る。
 やはり「エレンディラ」は、桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』に似ている気がする。『砂糖菓子~』は大好きです。


 今回はこんなところです。 実は以前読んだ本を読み返したりしていたので、少な目です。
 それではまたノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR