仙波ユウスケ 『ハロー・ワールド ―Hello World―』 (講談社ラノベ文庫)

ハロー・ワールド ――Hello World―― (講談社ラノベ文庫)ハロー・ワールド ――Hello World―― (講談社ラノベ文庫)
(2014/05/02)
仙波 ユウスケ

商品詳細を見る


 ライトノベルです。
 「講談社ライトノベル文庫新人賞大賞受賞」に乗せられて購入しました。

評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 クリスマスイブの夜、バイト帰りの池野朋生(いけのともき)は自宅玄関前で行き倒れている少女を発見する。麗奈(れな)と名乗った彼女は、元居た場所に戻りたくないと言った。朋生は、仕方なく麗奈を自宅に泊めることにする。
 一般常識には疎いが、PCには詳しいなどなにか事情を抱えている麗奈。彼女と暮らし始めて数日後、麗奈の姉を名乗る人物が朋生の家を訪れる。麗奈の姉、純(じゅん)曰く、麗奈は巨大PMC「エイジス」の重要人物だという。
 「帰りたくない」という麗奈を守るため、朋生と麗奈、二人の逃避行が始まる。

感想
 そこそこ面白かったです。
 突拍子のない展開、無理やり付けた現実味のない設定、そのどちらもなく綺麗にまとまっていたと思います。

 一方で、非常に宙ぶらりんな読後感を得ました。例えるなら、5巻ぐらいの続きものの小説の3巻目だけを読まされたような感じです。なんだかよく分からない内に話だけは進んでいく…。

 完全には説明されない主人公たちの背後関係、主人公陣営でも「エイジス」陣営でもない第三者の存在。唐突に語られる「神」。こうした投げっぱなしの要素が多くあり、不安定な感じを受けます。
 まぁもちろん、この作品は続編を前提としたものだということでしょう。
 これで続編が出版されなかったら、最低ですが…。未完成のものを出版したという訳ですから。

 お話としては純粋なボーイミーツガールものかと思いきや、終盤ではなぜかガンアクションが。またPC関係の用語、プログラミング用語が出てくるなど、SFものの要素も多分に含んでいます。
 ガンアクション部分は不要ではないでしょうか…。必要性を全く感じませんでしたし、「エイジス」側の咬ませ犬が咬ませ犬らしく死んだだけの話でした。

 続編が出版されるなら続編を見なければ、この作品の評価を下すことはできませんが、現状ではこのような評価にならざるを得ないと思います。
 ぶっちゃけ、現状なら高橋慶太郎さんの『ヨルムンガンド』を見た方が良いです。ガンアクション、PMC、スパコンなど本作のほとんどの要素が高レベルでまとまって、詰まってます。

ヨルムンガンド 1 (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンド 1 (サンデーGXコミックス)
(2006/11/17)
高橋 慶太郎

商品詳細を見る


ヨルムンガンド コミック 1-11巻 セット (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンド コミック 1-11巻 セット (サンデーGXコミックス)
(2012/04/26)
高橋 慶太郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR