櫛木理宇 『ホーンテッドキャンパス』他感想

 少し遅くなりましたが、今回の分の紹介です。

新刊
・櫛木理宇      『ホーンテッドキャンパス 白い椿と落ちにけり』    ☆3
・福田和代      『プロメテウス・トラップ』                  ☆3
・D. グレゴリイ    『迷宮の天使 上・下』                   ☆3

 ラノベ
・大森藤ノ       『ダンまち ファミリアクロニクル ep. リュー』      ☆3
・葵せきな       『ゲーマーズ! 7』                      ☆4
・丸戸史明       『冴えない彼女の育て方 12』              ☆4

 コミックス
・石田スイ       『東京グール :Re 10』                   ☆3
・岩明均        『ヒストリエ 10』                       ☆4
・末次由紀       『ちはやふる 34』                     ☆4

既刊
・道尾秀介       『骸の爪』                ☆3
・皆川博子       『開かせていただき光栄です』    ☆4
・北村薫        『空飛ぶ馬』               ☆3.5
・――          『夜の蝉』                ☆3.5
・殊能将之       『黒い仏』                ☆3
・P. G. ウッドハウス  『ジーヴズの事件簿』         ☆4


感想

『ホーンテッドキャンパス』
 今回は中編3編。 3編とも毛色が違う作品になっています。個人的には、2話目「夜ごとの影」が好きでした。ちょっと毛色が違う、感動ものでしたが厭味ったらしくなく、ホラー要素も利いていて好きです。

『プロメテウス・トラップ』
 ハッカー小説。連作短編という形をとった実質的には長編小説w その構成のおかげか、落ち着きのない作風。一つ一つの短編に一応それぞれのオチがあるのでなおさら。連載作品を書籍化したものだそうなので、それもむべなるかなですが。
 内容としてはよくあるタイプのハッカー小説でした。主人公のハッカーが、犯罪捜査の最前線に出てFBIと(何故か)ICPOの刑事と共同捜査を張るとか、ツッコみどころも少々ありますが(ちなみにICPOは実際は事務方だったはず)w

『迷宮の天使』
 SF小説。自我・自由意識の存在がテーマ。 が、同テーマの作品としては、先に紹介したことのあるイーガン「しあわせの理由」チャン「顔の美醜について‐ドキュメンタリー-」の方が、個人的には面白かった。
 キャラクター造形は面白く、読んでいて楽しかったが、もっと自由意志の問題に踏み込んだ作品と思っていた分物足りなかった

『ダンまち ep. リュー』

 リューさんと言うか、「豊穣の女主人」裏話。今度は、アスフィさんの苦労話とか読んでみたい。

『ゲーマーズ 7』
 千秋がいじましくて、可愛いw 本編は千秋のいじましさを前面に、彼らの残念な修学旅行模様がメイン。サブタイトルに偽りはありませんw 千秋のターンが続くのか?

『冴えカノ 12』
 事件の犯人が判明。エリリではありませんでしたねw 倫也の「倫理くん」らしさ全開で、彼のウザったさが最高潮。加藤に同情。
次巻(本編の次巻)が最終巻だそうですが、どう終わるのでしょうか。恋愛模様には予定通りの決着はついたようですが、咬ませ犬たちはどうするのでしょう?

『ちはやふる 34』
 それぞれが新たな一歩を踏み出した感じの巻。ラストの大一番に向けての助走でしょうか。最近周防さんがレギュラー化してて笑える。

『東京グール 10』
 トーカちゃんパンチ~ピエロ襲撃編の序盤まで。政のネタキャラ化は死亡フラグ。

『ヒストリエ 10』
 カイロネイアの戦い編がやっと終わり。長かったですねぇ~(待ち時間が)。 にしても、エウメネスの不幸っぷりには同情しますね、サテュラといいエウリュディケといい。頑張れw

『骸の爪』
 『背の眼』の続編。今回はミステリー要素が強く、しかもしっかりしていたので読んでいて面白かった。その分ホラーの趣は減少していますが、十分楽しめました。

『開かせていただき光栄です』
 18世紀イギリス、揺籃期で偏見にもさらされていた解剖学、その教室が舞台のミステリー。
 18世紀ロンドン、解剖学、謎の殺人事件。もうこれだけで十二分に魅力的ですが、さらにキャラクター造形が素晴らしい。ゴシック小説がお好きな方もそうでない方もおススメです

『空飛ぶ馬』、『夜の蝉』
 北村薫さんの「円紫さんと〈私〉シリーズ」です。日常の謎系のミステリー作品。
 探偵役が噺家(はなしか)さんと言うのは珍しいかも。落語の様に軽妙な語り口で、鮮やかに事件の謎を解く円紫さんが素敵です。主人公の「私」(本名不詳)と彼女の友人たちも魅力的。

『ジーヴズの事件簿』
 コミカルミステリーの名作。 有能執事とポンコツ主人のコンビの原型でしょうか(こちらは1922年刊)? 一家に一人、ジーヴズ氏が欲しくなるw

『黒い仏』
 石動戯作シリーズ。ミステリーですが、とんでもない方向に飛んで行った感がありますw 「アンチ・ミステリーを目指したのか?」と思えなくもなくもない。脱格ミステリーかな。


 駆け足での感想になりましたが、今回はこんなところです。
 それではまたノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR