初野晴 『ひとり吹奏楽部』他感想

 村上春樹さんの新刊が話題になっていますが、私はまだ読んでいません。 どうなんでしょうか?
 手に取らないような気がします。

 あと訂正です。前回の更新で紹介した貫井徳郎さんの作品名が間違っていました。
○『鬼流殺生祭』
×『霧生殺生祭』
(前回更新での記述)
 お詫びして訂正いたします。

 それでは今回の分の紹介です。

新刊
・初野晴        『ひとり吹奏楽部』           ☆4
・森博嗣        『私たちは生きているのか』      ☆3.5
 ラノベ
・ヤマグチノボル   『ゼロの使い魔22〈完〉』        ☆4

既刊
・貫井徳郎       『鬼流殺生祭』             ☆3.5
・――          『妖奇切断譜』             ☆3.5
・田中芳樹       『銀河英雄伝説10〈完〉』       ☆4
・瑞智士記       『展翅少女人形館』          ☆3.5
 コミックス
・山本崇一郎     『からかい上手の高木さん1∼5』    ☆4
・徳能正太郎     『NEW GAME! 1∼5』           ☆4

感想


 『ひとり吹奏楽部』
 「ハルチカシリーズ」連続刊行。 今回は、カイユや芹沢さんといったハルタとチカ以外の吹奏楽部メンバーに焦点を当てたスピンオフ。 芹沢さんの毒舌を楽しみ、成島さんの苦労症に苦笑し、と本編とは違った一歩掘り下げられた吹奏楽部メンバーの姿が楽しめます。
 実写映画が来週3/4公開だそうです。 私は観に行きませんが…。

 『私たちは生きているのか』
 Wシリーズ最新刊。
 今回もウォーカロン村を探索するのですが、今回は『マトリックス』風味。 (ほぼ)完全に再現されたVR世界での生と死とは。認識している世界が人工物か否かを知っているかどうか、によって意味合いが変わりそうです。

 『ゼロの使い魔』
 とうとう完結です。関係者の皆様お疲れまでした。ヤマグチさんもホッとされているのではないでしょうか。 結末も文句なしのハッピーエンドでした。
 個人的には最終戦のアレコレが割とあっさりと決着したのがちょっと物足りない感じでした。アルビオンでの一騎駆けの様な胸熱展開になってもよかったかなと。きっちり話が畳まれていたと思います。

 『鬼流殺生祭』、『妖奇切断譜』

 シリーズもの。架空の日本が舞台(維新後間もない、「明詞(めいじ)」の日本)の、ミステリー小説。
 『鬼流』では因習残る旧家での連続殺人事件、『妖奇』では連続バラバラ殺人事件が描かれる。『鬼流』の方はドロドロしていない横溝正史のような読み口で、『妖奇』はどちらかというと角川ホラー文庫にあってもおかしくないような感じです。『ナイトヘッド』(だったかな)を思い出しました(マッドクックね)…。ですので、『妖奇』は割とグロテスクに注意が必要かも。 

『展翅少女人形館』
 「少女」、「人形」、「ゴシック」にピンときた方にはおススメです
 人類が子供を産めず、人形を出産するようになった世界で、展翅された蝶のように優しく保管・管理されている少女たちを巡るゴシックファンタジー。 好き嫌いが分かれそうな作品ですが、好きな人は好きだと思います。私は好きです。 
 藤間さんの『スワロウテイル』が大好きですし。こちら、早く続編が読みたいです。

 『からかい上手の高木さん』
 日常系漫画。 主人公の西片(にしかた)くんが、ヒロインの高木さんにひたすらからかわれるのをニヤニヤしながら楽しむ作品。二人のイチャつきに身悶えしますw

 『NEW GAME!』
 ヒロイン青葉のゲーム制作会社での成長を描く、お仕事+軽い百合4コマ漫画。 仕事漫画としては為にはならないが、登場人物たちがかわいい。


 今回はこんなところです。
 積み本の消化を頑張らねば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR