米澤穂信 『王とサーカス』他感想

 明けましておめでとうございます。 本年もボチボチ更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。
 逆年末進行していたので、ゆっくりの更新となりましたm(==)m
 それでは、今年初めての更新です。 新刊はありません。

既刊
・米澤穂信        『王とサーカス』(単行本)        ☆4
・虚淵玄・大森望編   『楽園追放rewired』           ☆4  
・藤崎慎吾        『クリスタル・サイレンス 上・下』    ☆4
・田中芳樹        『銀河英雄伝説 3・4』          ☆4

 コミックス
・青山剛昌        『名探偵コナン91』             ☆3
・濱田浩輔        『はねばど! 8・9』             ☆4
・石田スイ        『東京喰種:re 9』              ☆3.5
・ハルミチヒロ      『スロースターター』             ☆3.5


感想

『王とサーカス』
 ネパールで実際に起きた事件に材をとったミステリー作品。 一昨年の話題作。
 ミステリーというより、ヒロイン太刀洗万智のジャーナリスト精神を描く作品と言った風情。ミステリー要素・謎解きと言ったものは割と後景に置かれている。とは言え、謎そのものは深く、読み応えがある。

『楽園追放:rewired』
 数年前のアニメ映画『楽園追放』を制作するにあたって、虚淵玄が影響を受けたというSF作品をまとめたアンソロジー。 ギブスン『クローム襲撃』をはじめ、サイバーパンク作品が並ぶ。
 個人的には、ギブスン『クローム襲撃』、神林長平『TR4989DA』、ストロス『ロブスター』が好み
 『楽園追放』そのものは面白いとは思えなかったが(先行発表の小説版しか見ていないけど)、このアンソロジーは面白い!

『クリスタル・サイレンス』
 火星開発に伴う国際競争と、その裏でうごめく陰謀を描くSF作品。
 火星人・火星文明、電脳空間と、SF要素たっぷりに盛り上げてくれる。他方、陰謀・国際謀略の部分は若干弱いような。終盤のある人物の陰謀を砕くための攻防は良かったのですが…割と見慣れた光景で(※『クリスタル・サイレンス』は1999年刊)。
 盛り上がりなどは、さすがに後年の『ハイドゥナン』の方が勝ってますね。

『銀河英雄伝説』

 イゼルローン対ガイエスブルクの要塞決戦(三巻)、皇帝の亡命とフェザーン制圧(4巻)でした。5巻は激動のようですが、まだ読めてません。まぁ、あれだけ足を引っ張られてよく頑張ってるよね、ヤンは。
 外伝にはいつ手を出そうか迷い中。藤崎版銀英伝は、時々読んでる。雑誌を立ち読みでw


『コナン』
 次回の映画に向けて(?)和葉のライバルになりそうな子と、怪しい先生が登場した巻。次巻は世良一家のお話メインだそう。

『はねバド!』
 暫く購入をサボっていたのですが、溜まって来たので。県大会決勝と綾乃の成長(?)が見られます。キャラの可愛さと絵の勢いのギャップが最高w  リオ効果で人気が出たりしたのでしょうか?

『東京グール』
 ル島編完結。 亜門さんは、何しに出て来たんでしょうか? 彼の個人的な目的ではなく、ストーリー上の理由ね。 これで退場だとしたら……。

『スロースターター』
 女子が好きな女子に恋したオタクの話。と言いつつも、ユリ要素はほとんど無し。 普通に変則的な三角関係の恋愛話として読めばいい。 終盤の事件はいらないと思った。 百合カップルと男の三角関係みたいなものを期待するとスカされます。


 新刊ナシと言いつつ、『コナン』と『グール』は最新刊でしたw
 他にも『星界の戦旗』の続きだとか、『ラブクラフト全集』だとかも読んでいたのですが、前回紹介したのでここには書きません。

 年末年始に飛浩隆『自生の夢』宮内悠介『彼女がエスパーだったころ』を購入したので、次はそれらを中心に読んでいく予定です。あとイーガンの著作のいくつかも恒例のブックオフで手に入れたのでそちらも。
 暫くはSFメインになりそうな予感w

 それではまたノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR