野村美月 『“藤壺” ヒカルが地球にいたころ⑩』(ファミ通文庫)

“藤壺“藤壺
(2014/04/28)
野村美月

商品詳細を見る


 ライトノベルです。好きな作家さんの最新作。
 タイトルからわかるように『源氏物語』の要素をストーリーに取り込んだ作品になっています。この十巻でシリーズ完結になっています。

評価(☆5が満点)
☆4.5

あらすじ
 恋多き学園のアイドル、帝門ヒカル(みかどひかる)が突然死んだ。そのヒカルの幽霊が、どういう訳か目つきが悪く悪名高い、赤城是光(あかぎこれみつ)の元に現れた。
「心残りがあるんだ」。
 そう言ったヒカルを成仏させるために是光の奔走が始まる。
 しぶしぶ協力をすることにした是光だが、ヒカルの「心残り」というのは彼が大切にしていた少女たちに纏わることで…。
 「葵」、「夕顔」、「若紫」、「朧月夜」、「末摘花」、「朝顔」、「空蝉」、「花散里」、「六条」、「藤壺」。
 『源氏物語』の各ヒロインに材を採った話が、一巻一人のペースで展開します。

感想
 純粋に面白かったです。
 綺麗に伏線も回収されて、きっちり終わりましたね。始めから十巻構成と言われていましたが、きっちり終わる辺りさすがです。ただもう少し見ていたかったなとも思います(^_^;)

 本作は先にも書いたように『源氏物語』に材をとっていますが、『源氏物語』を詳しく知らずとも十二分に楽しめるように書かれています。
 管理人も『源氏物語』は詳しくありません。葵の上、紫の上、藤壺の女御、六条の御息所ぐらいはさすがに知っていましたが。
 前シリーズの「文学少女シリーズ」でもそうでしたが、材をとった作品の雰囲気を活かした話作りはさすがの一言です。

 「文学少女シリーズ」では、主人公を想うヒロインの一人が幸せにはなれませんでした。
 ですので、今回も是光を想う式部帆夏(しきぶほのか)の想いは届かないのかと心配していました。結果的には心配が的中せずによかったですwww
 キャラの性格も琴吹さん(前述のヒロイン)と似ていたので心配だったので。 

 本シリーズは、各巻毎に一人のヒロインに焦点を当ててストーリーが進んでいきます。そして各ヒロインの話がサブストーリーとして、本筋を彩るという構成になっています。この辺も元の『源氏物語』に沿った構成です。
 徐々に明かされていくヒカルの死に関しての謎、それが最終巻である今作でついに明かされます。ヒカルは殺されたのか。それとも…。

 最後のシーンでは、感動が待っています。
 ヒカルの約束、果たされましたね。エピローグもまたよかったです。
 ヒカルの死という、いわば不幸から始まった今作品ですが、最後に幸せがあってよかったです。

 来月末発売の新シリーズも楽しみです。次回作は吸血鬼ものだそうです。

「ヒカルが地球にいたころ」シリーズ一巻目です。(何故かタイトルが表示されない…)

『葵 ヒカルが地球にいたころ①』

(2011/05/30)
野村 美月

商品詳細を見る



※前作の「文学少女シリーズ」も名作ですので、是非一読をお勧めします。
 下にはシリーズ前作セットを貼っておきます。
 個人的には『ビブリア古書堂の事件手帖』より断然面白いと思います(>_<)

“文学少女“文学少女
(2011/09/08)
野村 美月

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR