『この恋とその未来 二年目春夏』他感想

 それでは今回の分の感想です。


・森橋ビンゴ       『この恋とその未来――二年目春夏――』       ☆2.5

・夢枕獏         『キマイラ』 1、2                        ☆3
・織森きょうや      『記憶屋』                           ☆3
・野崎まど        『バビロンⅠ ――女――』                ☆4
・河野裕         『つれづれ北野坂探偵舎』                 ☆2.5

・夢枕獏         『闇狩り師』 1、2
・ヴァーリィ、J.      『汝、コンピューターの夢 <八世界>短編集Ⅰ』
・荒俣宏         『レックス・ムンディ』
・坂木司         『青空の卵』



 『この恋~』の新刊です。
 表紙につられて買うと痛い目を見ますよ……。 今回はいつか来るべきものがやってきた、という感じ。
 それにしたって、今回は主人公のダメっぷりがひどい。もうすこしぐらいうまく立ち回れただろうと。あと、終盤で話を詰め込みすぎです。未来と主人公の周辺だけでよかったのに……あの人のあれはないわ~。
 話は相変わらずしっかり描かれているのですが、内容が好きになれなかったのでこの評価

 『キマイラ』、読みました。
 伝奇物の走り、という感じですか。細切れで複数巻(現時点で15巻ぐらい)刊行されているので、追いかけるかは分かりません。「生涯小説」という作りだそうなので、追いかけないと本当の評価はできなさそうですが。
 個人的には、似た設定の『闇狩り師』の方が好きです。まぁ、『闇狩り師』の方は「肉弾拝み屋」ですがw

 『記憶屋』は、角川ホラー文庫の今月の新刊。
 出会うと記憶を消してくれるという怪人の都市伝説をテーマにした、ホラーミステリー。 帯の「感動した」、「涙が止まらない」的な煽り文句は誇大広告だと思いました(´・ω・`) ちっとも泣けません……、冒頭の先輩との話が悲しいなと思えたぐらい。
 個人的にはミステリー部分、記憶屋という怪人を追う部分は楽しめました。次巻があるらしいのですが、この終わり方でどう続けるのか気になりますね。

 『バビロン』は、新レーベル講談社タイガ文庫の新刊。
 とある製薬会社にまつわる疑獄を中心にした、ミステリー。どこかSFっぽいイメージも。ミステリーとしても面白かったですし、今後の話の展開も非常に気になる作品でした。今後もどんな景色を見せてくれるのか楽しみです。
 野崎作品は、個人的には割と合う合わないがあり、食指が動かないことも多々ありますが、今作は好きでした。

 『つれづれ~』は、百円コーナーにあったので購入。河野作品、新潮nexのものは好きだったので。
 中身はまぁ……、新書で買わなくてよかったと。意外だったのは、オカルトミステリーだったこと。最近の『櫻子さん~』とイメージが被る作品だったこと。念のために言っておきますが、パクリとかではなく話の雰囲気が似ているように感じたということです。
 特に面白みが感じられなかったかな。他の作品にはある、この作者さんの良さ・雰囲気が消えているように思いました。


 下の方の4冊、『闇狩り師 1』の他は、まだ読んでいません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR