櫛木理宇 『ホーンテッドキャンパス』他感想

 今回の分の紹介です。



・櫛木理宇      『ホーンテッドキャンパス この子の七つのお祝いに』   ☆3
・三島由紀夫     『仮面の告白』                          ☆4.5
・小田雅久仁     『本にだって雄と雌があります』                ☆4.5
・森博嗣        『ジグβは神ですか』                      ☆3.5
・――         『彼女は一人で歩くのか?』                   ☆3
・結城充孝      『エコイック・メモリ』                       ☆3
・野崎まど       『バビロンⅠ―女―』
・夢枕獏        『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 1~4』           ☆4.5
・――         『幻獣少年キマイラ』




 『ホーンテッド~』シリーズ初長編。間延びするでもなく、テンポよく話が進んで読みやすかったです。
 が、舞台設定がどうにもこうにも、現実離れしていて、これまでのシリーズものほどの面白さは感じませんでした。「ある程度現実に足を置いた怪談」というスタンスが崩れています。ホラーファンタジー。悪しざまに言えばご都合主義的な舞台。
 実写映画化されるそうですが、個人的には期待薄。原作がどうのではないのですが……。

 『仮面の告白』
 未読だったので、今更ですが読みました。代表作の一つとされているだけあって、面白かったです。感想は他の方々がたくさん書かれているだろう作品ですので、記さないでおきます。 

 『本にだって~』
 最高でした。これは面白い。森見さんが帯で「傑作」と謳っていたのも納得。森見作品が好きな方にはハマるかと思います。
 本に翻弄されたある一族の年代記。主人公、與次郎のキャラが最高に面白い。ハチャメチャ。まさに口から生まれて来たかのような人間。深いようで深くない謎の言動で読者を惑わします。
 本好きには楽しめる作品。おススメです。

 『ジグβ』、『彼女は~』
 『ジグβ』の方は、ノベルス版で既に読んでましたw Gシリーズもそろそろ佳境でしょうか。
 『彼女は一人で歩くのか?』、新レーベル創刊第一弾として始まったWシリーズの第一作。異色の、未来世界を舞台にしたSF。シリーズ序盤の為か、物語はそれほど動いていない印象。これからどうなるのか楽しみです。『四季 冬』みたいな感じか?

 『エコイック・メモリ』
 シリーズ第二弾。割とよかったのですが、前作のインパクトが強かったせいか、前作と同じ作品に見えてしまう。事件が違うだけのような印象も。前作で受けた、どこかチグハグな印象もそのままです。
 メインの部分、刑事もの・ミステリー部分は普通に面白かったので、今後に期待です。

 『沙門空海~』
 面白かった。結局前回の紹介時に言ったように、一気に全巻読破しました(;^ω^)
 複雑に錯綜した人間関係と展開される人間ドラマ、登場キャラクター、舞台となる唐代の中国。どれも面白かった。文章もクドクはなく、しかし深くて面白い。 物語のクライマックスの場面が、とても美しく印象的。
 ただ最後、櫛の歯が欠けるようにあれよあれよと人がいなくなったのが残念だったかな。
 この作品がとても面白かったので、『キマイラ』を買ってみた次第。面白いといい。


 『バビロン』は、これから読みます。
 『汝、コンピューターの夢』が気になっているところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR