野村美月 『吸血鬼になったキミは~(4)』 (ファミ通文庫)

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(4) (ファミ通文庫)吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(4) (ファミ通文庫)
(2015/04/30)
野村 美月

商品詳細を見る



評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 綾音(あやね)と距離を置くことを選んだ詩也(うたや)。「素直な後輩』を演じる彼に対して動揺を隠せない綾音だったが、演劇部の演出家いち子がクリスマス公演をカレナを客演として迎えてのダブルヒロインで行くと発表。演目は『エロスとプシケー』。
 謎を秘めた詩也の姿と、正体を隠してプシケーと暮らす愛の神エロスの姿が重なり、綾音は演技に集中することができなくなり……。互いを思いながらすれ違う二人は…。

感想
 今回は恋愛要素が多めの巻でした。
 普段が、7:3ぐらいでで演劇部の話が多いところ、今回は6:4で恋愛分が多めな感じでした。 
 次回の方が恋愛要素が多くなりそうですけども。


 さて、そんなこんな今回のシナリオはアプレイウス『黄金の驢馬』の「エロスとプシュケー」だそうです。 
 ネタ元の本は結構昔に読んだので、話をほとんど覚えていませんでしたが(;´・ω・) また読んでみようかなぁ。 他の話も面白いものは多かったと思うので、興味がある方は読んでみるといいと思います。
 

 演劇部の方は、女王様キャラであらせられるカレナ様のご登場です。
 これまでの話からすると、とんでもない勘違いの入った高飛車な人間かと思っていたんですが、実のところそんなでもない人でした。

 てか、実はいい人だった |д゚)!  そしておつきの人間たちが意外と気さくだったw
 と、カレナ様軍団の意外な一面を見られる巻でもありました。


 前の巻末でごたごたし始めていた詩也と綾音の関係が、一歩進んだというか、一先ず一段落した巻
 雫は今後どうするのかとか、理歌や凪乃といった周囲の人間たちはどうするのかとかまだまだ波乱含みですが、やっと落ち着くところに落ち着いた感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR