川上稔 『境界線上のホライゾン (8)中』 (電撃文庫)

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)中 (電撃文庫)GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)中 (電撃文庫)
(2015/04/10)
川上稔

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
「――本能寺の変が終了するまで、あの場所には、近づかないで頂きたい」
 P.A.Odaの重要人物、森・蘭丸が現れ、武蔵の介入を制止してきた。森・蘭丸は、武蔵が京に近づくことによって、「戦闘とは別の理由」で皆に害がなされる恐れがあるというのだが……。
 その一方で、羽柴へのいやがらせ行為、もとい武蔵の関東出入りに関する、羽柴と武蔵の間での首脳会議が幕を上げる。 武蔵副会長、本多・正純が繰り出した先制攻撃に対して、羽柴側、羽柴・藤吉郎と竹中・半兵衛はどう応じるのか?
 歴史再現のターニングポイント、本能寺の変が間近に迫り、動き出した戦国各国。それぞれの最善手に向けて、交渉線が火花を散らす、第八巻中巻。

感想
 上巻に引き続き、羽柴方へのいやがらせの巻です。

 それに加えて、作品内では夏休みということもあり、それに見合った各種行事も展開されていますよ~。
 サービスショットもありの水着回ですw
 カラーに、アデーレとはこれいかに。 貧○をサービス? ただ同じ枠とは言え、正純のカットはモノクロだけど良かったです。


 武蔵以外の各国、特に前回敗戦した羽柴側の連中の様子も見られ、彼らの雌伏の様子もあり、いよいよ本能寺が近い感じが見られます。
 とは言え、今回は夏休み中(歴史再現の禁止期間)ということで根回し期間で、派手な動きはありませんが、次回の派手な動きに向けての準備期間と見ればそれはそれで楽しいものです。

 下巻ではいよいよ、明智との対面が実現するのかな?
 てか、あの人と明智・光秀との関係はどうしてなのかしら。 あの人の相方は分かるんだけども。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR