濱田浩輔 『はねバド!(5)』 (アフタヌーンKC)

はねバド!(5) (アフタヌーンKC)はねバド!(5) (アフタヌーンKC)
(2015/04/07)
濱田 浩輔

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ(1巻のものです)
 母校、県立北小町高校バドミントン部のコーチになった立花健太郎(たちばな・けんたろう)は、部員数が足りず団体戦にも出場できない部を立て直せないかと悩んでいた。
 現在の部員は、荒垣なぎさ(あらがき・なぎさ)、泉理子(いずみ・りこ)、海老名悠(えびな・ゆう)、伊勢原空(いせはら・そら)の4名(+男子が二人)。試合、そして普段の練習のためにも、新入部員の獲得が急務。
 そんな中、校庭の大木を軽々と駆け上がる一年生、羽咲綾乃(はねさき・あやの)に出会う。彼女に才能を感じた健太郎は、ぜひとも入部してもらうために全力でバドミントン部に勧誘する。しかし、なんと…彼女はバドミントンが大嫌いで…。


感想
 女の子が可愛いです(笑)
 そして何より、絵が上手い。 そのため、女の子たちの可愛さにさらに磨きがかかっています。
 あと、バドミントンをメインにした作品というのも珍しいと思います。
 

 序盤、というか1巻のはじめの方は、スポーツコメディタッチの作風でしたが、回を追うにつれて真面目なスポーツ漫画になりつつあります。 というか、なっています。
 作者、綾乃の喋りが常に小声っていう設定忘れてるんじゃないかなとか思ったりw

 とは言え、真面目トーンになったからといって作品が面白くなくなった訳では全くありません。 女の子の可愛さに、スポ魂の熱さが加わったと思ってもらえばいいと思います。 試合のシーンにも動きと迫力があります。

 最新刊では、IH予選の県大会決勝でチームメイトと優勝を争うという、胸熱展開になっています。
 どっちが勝つんでしょうか。
 リベンジを達成して欲しいような、圧倒して欲しいような。

 個人的には、フレ女の部長さんが好きです。


 今作では、前作『パジャマな彼女』のような駆け足展開にはならないようにして欲しいと思います。
パジャマな彼女。 1 (ジャンプコミックス)パジャマな彼女。 1 (ジャンプコミックス)
(2012/06/04)
濱田 浩輔

商品詳細を見る


はねバド! (1) (アフタヌーンKC)はねバド! (1) (アフタヌーンKC)
(2013/10/07)
濱田 浩輔

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR