飛浩隆 『グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉』 (ハヤカワ文庫JA)

グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2006/09)
飛 浩隆

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 仮想リゾート《数値海岸》(コスタ・デル・ヌメロ)の一区画、「夏の区界」。南欧の港町を模したそこでは、ゲストである人間の訪問が絶えてから1000年が経過していた。取り残されたAIたちは、人間不在の中、永遠の夏を過ごしていた。
 しかし、その「永遠」は突如終焉の時を迎える。謎の存在「蜘蛛」の大群が、街のすべてを、オブジェクトやAIの区別なく、無化し始めたのだった。僅かに残ったAIたちの、生き残りを掛けた絶望の一夜の攻防戦が幕を上げる…。

感想
先に断っておきますが、この評価はシリーズ二作目である『ラギット・ガール』と合わせての評価です
 単体としてはそこまで面白いとは思えなかったのですが、二作目を読んで評価が上がりました。これ単体だと☆3ぐらいですかね。


 作品としては、綺麗でした。 無駄が無いとでも言えばいいんでしょうか。
 夏のリゾート地を彷彿とさせる「夏の区界」という場所が喚起するイメージが綺麗だという部分もありますが、文体も綺麗です。

 が、無駄というか、本筋にとって余計な部分もそぎ落とし過ぎているような気もします(この点は、作者もあとがきで触れていましたが)。
 それもあり、話の進行が若干唐突過ぎるきらいがあります。 何がどうしてそうなったかの推測ができないままに、話が進んでいる感じが時折しました。
 そのあたりは、『ラギット・ガール』所収の話を読んで補完ができましたので、その点もあって二作合わせての評価とさせてもらいました。

 また、作中で若干のグロテスクな描写がありますので、苦手な方はご注意を。
 作品を読まれればわかるのですが、決して無意味な描写、悪趣味性によるシーンなどではありません。 この部分を指摘して批判されている感想を見ましたが、批判するほどではないように思えました。



 本書の続編となる『ラギット・ガール』では、「大途絶」と呼ばれる人間の来訪の途絶以前の、《数値海岸》形成に至る物語3編と、本書の重要キャラクター二人の前日譚2編が収められています。

 なかでも、タイトルにもなっている「ラギット・ガール」は、《数値海岸》の開発秘話に関するもので、本書を補完するという点でも面白いです。
 話そのものも面白いです。「2014オールタイムベストSF」の短編部門3位になっているのも納得。
 本書では語られなかった、この世界の裏側、SF的な考察も描かれています。
 ただ、個人的には「ジェンダーSF」とか言われていることに違和感が…。 まあ、それは置いておいても楽しめます。


 繰り返しで失礼しますが、『グラン・バカンス』と『ラギット・ガール』、この二作は合わせて読むことをおススメします。

ラギッド・ガール―廃園の天使〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)ラギッド・ガール―廃園の天使〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
飛 浩隆

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR