葉月抹茶 『一週間フレンズ。(1)』 (ガンガンコミックスJOKER)

一週間フレンズ。(1) (ガンガンコミックスJOKER)一週間フレンズ。(1) (ガンガンコミックスJOKER)
(2012/06/22)
葉月 抹茶

商品詳細を見る


 葉月抹茶さんの『一週間フレンズ』の感想です。

 評価(☆5が満点)
 ☆3.5

 あらすじ
 いつも教室でひとりでいるクラスメイトの藤宮香織。そんな彼女が気になる長谷祐樹は、香織に声を掛ける。
 「友達になってください」。
 しかしそんな祐樹に香織は冷たく接する。それでもめげずに声を掛ける祐樹に、香織は自分の記憶が一週間しか持たないことを告げる。一週間後には友達だったことも忘れてしまうのだと。だから友達はいらないと。
 一週間後、祐樹は香織に声を掛ける。「友達になって下さい」。


 感想
 この作品、今期アニメ化されて人気だそうですね。管理人は見ていないのでアニメ版の感想は言えませんが、人気になるのも分かる気がします。
 なにしろ管理人、この作品の表紙に惹かれてかった人間なので(^_^;) 可愛いですよね。

 肝心のお話ですが、記憶喪失ものとなっております。
 一週間ごとに記憶がリセットされるヒロインとの恋愛模様を描いた、青春グラフィティです。記憶喪失となると重い展開になりがちですが、シリアスになりすぎず、程良い真面目さで描きだされています。
 
 主人公の祐樹、ヒロインの香織、この二人がほのぼのした性格をしているのも、作品自体が重くなるのを防いでいます。という、ほのぼのしすぎですw
 彼らの周囲の友人たち、とくに祐樹の友人、桐生将吾(きりゅうしょうご)が、毒を吐きつつもよく祐樹をフォローしていて、すごく良い友人として彼らを支えています。

 全体の流れとしては、一週間で記憶がリセットされてしまう香織と祐樹の恋愛模様を中心にしていますが、一方で友達とは何かということも書かれています。
 記憶があるから、覚えているから友達なのか。それとも消えない絆で結ばれた人間が、友人なのか。
 そんなことも考えさせられます。

 4巻からは、香織が記憶喪失の症状を見せるようになる事故前の友人なども登場して話も進んでいきます。まぁこの友人が男なので、祐樹がやきもきしたリして彼らの恋模様にも一波乱あります。
 将吾にもなにやら起こりそうですが、どうなるでしょうか。しかし将吾のあいて、見た目が幼女なので並ぶと犯罪臭がすごいです…。

 最後に。この作品は本の構成が特徴的になっています。
 大抵の場合、各話の前半は4コマ構成で話が展開されます。後半になって通常の漫画と同じ紙面構成になります。
 こうした特徴がありますので、慣れない内は違和感がすごいと思います。管理人はそうでした(^_^;)

 今後、作品がどの様な展開になっていくのかに期待して☆3.5です。

 ちなみに『一週間フレンズ』は、現在5巻まで刊行されています。

一週間フレンズ。 (5) (ガンガンコミックスJOKER)一週間フレンズ。 (5) (ガンガンコミックスJOKER)
(2014/03/22)
葉月 抹茶

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR