平坂読 『妹さえいればいい。』 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
(2015/03/18)
平坂 読

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 妹バカのラノベ作家・羽島伊月(はしま・いつき)の周囲には、いつも個性的な連中が集まっている。
 イケメン同業者・不破春斗(ふわ・はると)
 愛も才能もヘビー級の同業者・可児那由多(かに・なゆた)。
 恋に友情に夢に悩む青春三冠王・白川京(しらかわ・みやこ)。
 ドS税理士、イラストレーター。
 それぞれ思いや悩みを抱えながらも賑やかな毎日を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを見守る伊月の弟・千尋(ちひろ)には大きな秘密があって…。

感想
 とりあえず買ってみた作品。
 『はがない』の人の作品と言うことで、大外れはないだろうと踏んでの購入。
 だがしかし、『はがない』でもあった意味不明なノリがこの作品でも見られ、やや食傷気味(^_^;)

 最近よく見る「ライトノベル作家が書くライトノベル作家小説」かと思いきやそうでもないという、やや微妙な作品でした。
 ライトノベル作家が隣人部の活動をしたらこんな感じになるんじゃないかというお話。 そして若干、内輪ネタのような雰囲気があります(あとがきの寄稿などを見るに)。

 『はがない』の雰囲気についていけなくなり、途中で買うのをやめた人間には結構微妙な感じでした。
 変人たちが集まって、変なことをして盛り上がっている、そんな感想です。ついていけない人には、結構きついかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR