時雨沢恵一『SAO GGO(2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)―』 (電撃文庫)

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)― (電撃文庫)ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (2) ―セカンド・スクワッド・ジャム (上)― (電撃文庫)
(2015/03/10)
時雨沢恵一

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 突如全ての《GGO》プレイヤーにアナウンスされた、第二回スクワッド・ジャム。知らせを受けた第一回大会優勝者のレンこと小比類巻香蓮(こひるいまき・かれん)だったが、なんだかあまり気が乗らない様子。
 そんな中、香蓮に忍び寄る謎のストーカー男が口にしたのは、「第二回スクワッド・ジャムの夜に、人が死にます」という言葉。
 今大会で敵として出場するピトフーイを大会で倒すことでしか、男の言う『最悪の事態』を逃れられないらしい。香蓮は苦悩の末、大会参加を決意するのだが……。

感想
 時雨沢版SAO・GGOの二巻です。
 前回が面白かったので今回も期待していましたが、期待通り面白かったです。
 とは言え、まだまだ第二回大会は中盤に差し掛かったばかりですので下巻を待ちたいところです。


 そして今巻では、表紙に新キャラクターが登場しておりますが、またしてもチビッ子キャラ。彼女が誰なのかは読んでみてのお楽しみと言うことで。
 そして表紙でレンが「Pちゃん」を持っていることが気になったのですが、再び入手できたようで良かったですね。

 冒頭で、ほのぼのとした女子会が行われていて和みました(笑)
 女子率高いですよね、今シリーズ。 黒星さんの書くキャラも相変わらず可愛い。


 さて、本編ですが、あらすじにあるように今回もどこかに狂気が漂っておりますw
 ゲーム内よりも殺伐とした現実を生きている『彼』に同情を禁じ得ません(TДT) 現実の方が死の危険があるってどういうことだよ。

 ストーリー的には、今回はまさかのエムとの敵対が見どころの一つ。
 新入りさんとの即席チームは何処までやれるのかが見もの。
 そしてこの新人さんが「ひゃっはー」するキャラだったのが、キャラデザとのミスマッチ感もあり、良かったですw どこか抜けているのに憎めない娘です。


 下巻では、待ち構えているSHINCチームとの再戦と、ピト・エムチームとの勝負の行方がどうなるのかが注目です。
 6月までが長いです……。
 ※※続編は6月10日の予定とのことです※※
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR