瀬川コウ 『謎好き乙女と奪われた青春』 (新潮文庫nex)

謎好き乙女と奪われた青春 (新潮文庫nex)謎好き乙女と奪われた青春 (新潮文庫nex)
(2015/02/28)
瀬川 コウ

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 藤ヶ崎高校一の美少女、早伊原樹里(さいばら・じゅり)は恋愛に興味が無い。友情にも、部活にももちろん興味が無い。 「恋愛、友情、部活? なんですか、それ。クソみたいな青春ですね」。
 彼女が愛してやまないこと、それは日常に潜む謎だ。衆目の面前ですりかえられた花束。一学年全員に送りつけられた告発メール。教室の端と端での不可能なカンニング事件。
 僕の過去が明らかにされる時、事件の様相は一変し……。

感想
 むしろラノベ?

 ミステリーかと思っていたら、ミステリーではなかったです。 「謎が提示されていれば、それはミステリーだ」というのならミステリーなのでしょうが。 

 少なくともこの作品は、読者が謎解きを楽しむようなつくりの作品ではなかったかな。 ですので、「青春ミステリー」とありましたが、青春小説の分類にしました。
 まぁ、何が言いたいのかというと、「ミステリー作品として読むと肩透かしを食らうかもしれません」ということです。 特に本格好きな方にはおススメしません。

 ヒロインである樹里の毒舌っぷりは良かったのですが、それだけだったのが残念。
 謎を追及する理由が「ミステリー好きだから」では、誰も納得しないと思います。普通の学校生活に興味が無い、どころか否定的な理由に至っては不明でした。



 特に楽しめたという訳でもなく、かと言ってまったく面白くなかったという訳でもない、何とも感想を書きにくい作品でした。
 六月には二巻が刊行されることが決まっているようですが、どうなんでしょうか?
 掲載元の「エブリスタ★」で予習しておくべきですかね…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

後半の叙述トリックは評価したいと僕は思ったのですが、
それについてはどう思っていますか?
また、ミスリードはしなかったという認識でよろしいのでしょうか。

はじめまして。コメントありがとうございます。

>>嗚咽さん

>後半の叙述トリック~
 トリックとしては考えられていて好きですが、個人的にストーリー部分が好きになれません。

>ミスリード~
 「ミステリーじゃない」と言う部分を受けての質問だと思うのですがどうでしょうか?
 そうだとすれば、個人的には全体的に読者が謎を解くのではなく、作者が謎を解いている書き方になっているように思えたので、それはミステリーではないだろうと言うことで書いています。


 ご質問の答えになったでしょうか?
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR