竹葉久美子『やさしいセカイのつくりかた (6)』 (電撃コミックス)

やさしいセカイのつくりかた (6) (電撃コミックス)やさしいセカイのつくりかた (6) (電撃コミックス)
(2015/02/27)
竹葉久美子

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 朝永悠(ともなが・ゆう)が女子高校の講師になって約1年。
 一学期の終業式後にアメリカに帰国する予定の朝永と、葵(あおい)、ハルカ、冬子(とうこ)、香代(かよ)たち教え子に別れの時が近づいていた。残された時間に背中を押されるように、朝永、葵、ハルカ、冬子はそれぞれの思いを胸に行動を起こす。
 彼女たちが選び、見つけ出した未来にある「やさしいせかい」とは。
 シリーズ完結巻。

感想
 『やさセカ』完結巻です。

 少年誌に連載されていたとは思えないほどの少女漫画っぷり(笑)ではありましたが、個人的にはかなり楽しく読むことができました。
 絵も綺麗でしたし、ストーリーもそこまで恋愛に偏ってはいないため、読みやすかったですしね。
 物足りない部分はほぼないのですが、強いていうなれば、もう少し物理学的な部分、朝永の研究の様子などを描いて欲しかったかなといったところです。
 

 本編ですが、綺麗に終わったのではないでしょうか。
 あるべきところというか、それぞれ落ち着くべきところに落ち着くことができたように感じます。

 香代以外は(笑)
 彼女は、以前個別エピソードは書かれていたからいいのか。二次元に生きることにしたようだし…(TДT)

 冬子とあの人が、ああいった結末になったのは意外でしたね。突っぱねるのかと思ってたので…。
 彼女の実家はどうなったのでしょうか? 再び混沌としてそうだ。

 葵は、自分の道を選ぶことができたようで良かったです。 決意した時の「悪い顔」がよかったですね。 
 
 ハルカはねぇ、うん、あんな感じで良いんじゃないかなw
 一応幸せそうだったので。でもめんどくさそうだ(^_^;)



 打ち切りではなく、作者さんが書きたいと思ったことを書き切った感じでしたので、それも良かったです。
 続きはないと思うと残念ではありますが、次回作に期待ですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR