乙野四方字 『ラテラル』(電撃文庫)

ラテラル ~水平思考推理の天使~ (電撃文庫)ラテラル ~水平思考推理の天使~ (電撃文庫)
(2015/02/10)
乙野四方字

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 謎を解くことが生きがいの少年・鳩ノ巣論(はとのす・ろん)。高校二年生の新学期初日、新しいクラスで論の後ろの席になったのは全身白づくめの少女・瑞平すすめ(みずひら・すすめ)だった。瑞平すすめは極限まで肌を隠し、合成音声で自己紹介する不思議な少女だった。
 アクシデントから論が彼女の肌に触れた時、突如世界が暗転した。
 〈ようこそ、【状況空間】へ!〉
 「シチュエーションエリア……?」
 自らを天使と称する謎の存在が支配する空間に引きずり込まれた論。脱出するには謎を解く必要があるという。論は空間とすすめの謎を解き明かすため、謎に挑む。

感想
 「推理ゲーム小説」という珍しいジャンルということで購入してみました。
 「水平思考」という言葉自体はどこかで聞いたことがあったのですが、何だったか忘れていたので、それもあって気になったとこです。


 作中で提示されている推理ゲーム自体も面白かったですね。
 難易度はともかくとして、予想外の方向に展開することもあって楽しめました。
 普通の推理小説のような推理ではないところも面白かったですね。珍しくて。


 それはともかくとして、わりと主人公の設定(「愛が分からない」)はちょっとアレな感じでしたし、同じく幼馴染ちゃんが「愛をささやき続けている」のも何でですかね?

 
 短いですがまとめると、突っ込みどころはあれど、水平思考推理ゲームが面白かったです。なんだかもっと普通に部活小説みたいになっていても面白かったかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR