神西亜樹『坂東蛍子、屋上にて仇敵を待つ』 (新潮文庫nex)

坂東蛍子、屋上にて仇敵を待つ (新潮文庫nex)坂東蛍子、屋上にて仇敵を待つ (新潮文庫nex)
(2015/01/28)
神西 亜樹

商品詳細を見る



評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 坂東蛍子(ばんどう・ほたるこ)は桐ケ谷茉莉花(きりがや・まりか)が嫌いだった。容姿端麗、運動神経抜群にして、自身と並び称される彼女のことが許せなかった。だが、何故嫌いで許せないのか、判らなかった。故に彼女は果たし状を書く。
 その日、学園に大スターは屋上にて決闘する。学舎がお化け屋敷と化し、テロリストに占拠されようと、その程度の事件では彼女たちの青春は止められない!

感想
 前作も面白かったですが、今作も前作の勢いはそのままに面白かったですね♪
 前回はロボットやら、宇宙人やら、喋るぬいぐるみやらが登場して賑やかでしたけど、今作もそれらに加えて幽霊やらが登場して賑やかです。

 本文が基本的に登場人物の独白で埋められているので、登場人物が多いと「今誰の視点で物語が語られているのか」がわかりづらいのが難点といえば難点ですが(^_^;)


 今作で意外だったのは、蛍子が運動会の短距離走で敗北したことお化けが苦手なことですかねw
 あのハイスペック人間に勝利する人間がいようとは。
 そして怖いもの知らずに見えるのに、幽霊が怖いとか可愛いじゃないかw

 肝試しシーンは良かったです。
 友人たちと蛍子のドタバタ喜劇っぷりが最高でした。
 キャーキャー言っている彼女たちが可愛かったです。


 個人的には、作劇上、学園占拠事件はべつに要らなかったんじゃないかなと思いました。
 CIAだかのおっさんと、ロボを出すのには必要だったのかな?
 もしくは蛍子の知らないところで進行する世界規模の事件の一つってところかな。

 他には、蛍子の親友であるところの結城満(ゆうき・みちる)の蛍子愛の半端なさに今回もびっくりですw
 行き過ぎていて、ちょっと怖いですが…。


 300P超と、そこそこのボリュームの本作ですが、テンポ良く進んでいくので意外とサクッと読めてしまえるところもいいところです。
 続編も出そうな気がするので、今後も期待です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR