井上真偽『恋と禁忌の述語論理』 (講談社ノベルス)

恋と禁忌の述語論理 (講談社ノベルス)恋と禁忌の述語論理 (講談社ノベルス)
(2015/01/08)
井上 真偽

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3

あらすじ
 大学生の森帖詠彦(もりじょう・えいひこ)は、天才数理論理学者の叔母・硯(すずり)のもとを訪ねる。アラサー独身美女であるところの硯に、探偵が解決した事件の真相を解決してもらうためだ。
 「毒入り手料理は故意か事故か」、「幽霊の証明による絞殺犯の特定は可能か」、「双子のどちらが犯人なのか」。
 それら詠彦が持ち込む問題を、硯は数理論理学で解き明かすことができるのか!?

感想
 「数理論理学」という一般にはなじみのない学問をミステリーに取り込んだ意欲作でした。
 馴染みが無いどころか、言葉自体寡聞にして聞いたことが無いものでしたので興味を持ったので購入。
 アラサー女子が探偵役というところも珍しい所でしたね。


 が、いかんせん一般的ではなさ過ぎるガジェットを使っているせいか本編の3分の1以上、下手をすると半分近くが「数理論理学」の思考方法の説明に割かれるという具合になっています。
 ヒロイン(?)であるところの硯さんによる講義形式をとっているので読みやすくはあるのですが、話のテンポがぶった切られている部分は否定できません。

 あと巻末に付録という形で数理論理学の理論の補足がされてはいるのですが、もう少し説明が欲しいところ。 2章、3章で出てきていた「論理計算」の式の読み方、見方についての説明はもう少しして欲しかった。どう見れば良いのかがイマイチ分かりませんでした。


 作品の構成としては、「探偵」が推理・解決した事件を、「最終探偵」wであるところの硯がダメ出しをして事件を読みなおすという形式になっています。
 こうした構成上、各事件を最初に推理する探偵はあて馬になっていますし、推理もミスリードにしかなり得ません。ですので、各章序盤の探偵の推理劇が魅力減です。

 まぁ、この辺りの事情はエピローグで明かされるのですが、その辺りは良かったと思います。意外性もありましたし。

 他の探偵の推理披露の後、満を持して硯が事件の真相を喝破する訳ですが、無駄に遠回りしているように思えます。
 普通に推理しても分かるような気がしてなりませんでした…。 事件自体のトリックはわりとオーソドックスでしたし、核心部分はワザと見逃されている感が…。


 あと、主人公の性格が謎。 統一されていないような感じを受けました。わりと躁鬱気味
 硯さんを賛美しすぎなきらいもあります。そのせいか数理論理学というものにも無批判に畏怖を感じていたり。ちょっと気味悪かったです。まぁ、ここら辺の理由はタイトルから推して測れますけども。

 そして時折、謎のネタを会話にませるのはどうかと。「禁則事項」って、ネタだとしたらだいぶ古いですよね? そしてメタ発言が多いのも気になりました。
 ちなみに硯さんのキャラクター自体は、わりと好きでした。



 ミステリー作品としてはそれほど魅力を感じませんでしたが、斬新な試みがされているところがよかったですね。数理論理学に少し興味が湧きました。
 その点で☆3です。抜きにすると☆2.5ぐらいですかね。

 硯さんは安楽椅子探偵をやめて、普通に現場で推理する形になれば面白いような気がしました。数理論理学のフィールドワークのような形式はどうでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR