赤城大空 『二度めの夏、二度と会えない君』 (ガガガ文庫)

二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)
(2015/01/20)
赤城 大空

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 突然やって来た転校生、森山燐(もりやま・りん)は不治の病を患っていた。オレ、篠原智(しのはら・さとし)は彼女と一緒に、彼女に引きずられバンドを結成し、ライブを演り、最高の時間を一緒に過ごした……そして、燐は死んだ。
 俺に残されたのは、取り返しがつかない、たった一つの後悔だった。決して伝えてはいけなかった言葉。あんなことを彼女に言わなければ、燐はきっと最後まで笑顔でいられたのに…。
 後悔に押しつぶされそうになっていた俺にチャンスが。突然のタイムリープ、二度めの夏。そこで俺はもう一度燐と出会う。奇跡が与えてくれた、再びの夏。俺は嘘をつく、彼女の最後の時間が笑顔で過ごせるように。

感想
 買ってみて驚いたことは、『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』の作者さんの作品だということ(笑)

 この『二度めの夏~』は、ド真ん中真直ぐな青春小説です。 あらすじを読んでもらえれば分かるとは思いますが。
 一方、『下ネタ~』の方は、タイトル通りのとてもではないですが万人に勧められるような作品ではない作品なのです。下世話もここに極まれり、といった内容の作品。何より表紙絵が…。

 という、読んでみて驚いたというお話


 あらすじにあるように、ぱっと見、お涙ちょうだいの良くある話なのかと思いましたが、そう単純な話ではなかったという。
 全体のトーンがそこまでセンチではなく、どちらかというとラブコメのノリに近いです。
 それもじれったく感じるタイプのラブコメです。


 ヒロインである燐(りん)が、常に明るく、全力投球で、笑顔でいるところが大きいですね。彼女が陰鬱になっていたら、この作品はつまらなかったでしょう。
 その彼女のために嘘をつくことを決めた主人公の覚悟、迷いも、ストーリーに彩りを加えています。

 中心にいる二人の人物造形がとても魅力的で、作品を読ませてくれました。





 ※※以下、話の結末部分のネタバレを含みます※※

 結末も、ご都合主義的なものではなく、悲しみを悲しみのままで終えているところがよかったです。
 奇跡的なことが起きて、燐が死なずにすんでハッピーエンドということが無いところにも好感が持てました。
 逆にこの作品で、「実は…」とかやられていたら、駄作になった気がします。

 ※※終わり※※
 

 失礼ながら、『下ネタ~』止めてこういった青春モノの方にシフトしても十分にやっていけるんじゃないかと思いました。
 と言うか、もっと読んでみたいと思いました。
 次も、青春小説を書きませんかね?

 イラストも作品に合っていて、良かったです。
 燐の笑顔が可愛い♪ 
 表紙絵が素晴らしいですね。
 読後に見ると悲しくなりますが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR