佐島勤 『魔法科高校の劣等生 (15) 』(電撃文庫)

魔法科高校の劣等生 (15) 古都内乱編 (下) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (15) 古都内乱編 (下) (電撃文庫)
(2015/01/10)
佐島勤

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆2.5

あらすじ
 9月下旬。
 四葉真夜(よつば・まや)による「横浜から逃亡した周公瑾の捕縛」依頼を受けた司波兄弟は、古都京都で九島光宣(くどう・みのる)と出会う。彼の協力を得、捜査を進めるものの手掛かりは未だ掴めずにいた。
 そんな折、七草家のボディーガードの訃報が達也たちのもとにも届く。自家のボディーガードの死について思うところがあった真由美は、彼の死の調査に関して達也に協力を願う。真由美も合流し、事態は動き出す。
 一条将輝(いちじょう・まさき)も加わり、周公瑾を追いつめていく。

感想
 山なし、谷なし、オチなし…。
 盛り上がりに欠ける巻でした。
 これぐらいなら、上下分冊にせずまとめて厚めの一冊で出してくれた方がずっといいですね。

 ストーリーは、あの芸人のネタみたいな感じでした。「♪あるある言いたい~」って言いつつ、結局言わないアレ。
 動きを匂わせておきながら、結局特に何も起きずに、大きな動きも無く普通に終わるとか…。
※一応動きとしてはありましたが、微妙過ぎて盛り上がりに欠けます※

 一条とか登場損じゃね? それともあまりに大人し過ぎるストーリーだから飾りを増やしたのか?
 たんなる「光宣の紹介回」という程度として見ておけばいいんでしょうかね。

 周公瑾も、大物臭をさせておきながらのあの体たらく…。
 咬ませ犬もいいとところ。 せめて盛り上げろと。


 派手に魔法を打ちあったり、戦闘をするからこそ面白いお話であると思うので、陰謀・策謀なんかがメインに来ると面白みに欠けますね。
 
 次の巻は、またまた陰謀・策謀中心になりそうで期待薄です…。
 まぁ、四葉本家や分家がからみそうですので、今回よりはいいかもしれませんが…。

 そろそろ考え時でしょうか…?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR