野尻抱介 『太陽の簒奪者』 (ハヤカワJA)

太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)
(2005/03/24)
野尻 抱介

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 西暦2006年、突如水星から吹き上げられた大質量の鉱物資源は、やがて太陽をとりまくリングを形成した。不運にもそのリングは行動面に平行に形成されたため、地球の日照量は激減、人類は破滅の危機にさらされることになった。
 一体誰が何の目的でリングを創造したのか?
 異星文明への憧れと人類の救済との間で揺れる科学者、白石亜紀(しらいしあき)は宇宙艦に乗り、リング破壊ミッションに赴くが…。

感想
 中古100円にて発見したので購入してみましたw
 以前紹介した『ふわふわの泉』、『南極のピアピア動画』の作者さんの作品です。こちらの方が初期作品になるようです。

 上記の二作品は、きちっとしたまじめなSFの中に遊び要素というか、お楽しみ要素があるような感じだったのですが、今回は基本的に全編通してきちっとした作風でした。
 個人的にはもう少し肩の力を抜いた作風の作者さんなのかと思っていた(上記二作品のような)ので、ちょっと意外でした。まぁ、後書なんかを読んでいると堅い人なのかとは思っていましたが。


 作品としては、『アルマゲドン』のようなディザスタームービーテイストの作品です。
人類滅亡の危機に対処するべく旅立つ人たちの話です。焦点は基本的に白石亜紀という女性にあてられていますが。

 そしてそのディザスタームービーテイストの中に、「未知との遭遇」というテーマが込められていました。
 野尻さんの他の作品でも見られましたが、この人の宇宙人はわりと人類に無関心ですね。まぁ、『インディペンデンスデイ』とかのようなタイプの攻めてくる宇宙人でも困りますけどねw

 ところで、この作品の宇宙人を見て『天冥の標』のメイスン(ミスミィ)を連想したのは私だけでしょうか? まぁ、形は全く違いますし、性質も違うのですが、特徴は似ている気がしました。
 知的生命体は到達するだろうと予測されている一つの頂点なんですかね、彼らのような存在は。
 それに関連して、もう少しAIと意識、魂についての話を掘り下げてみて欲しかったかなと思いました。
 こちらは単純な興味です。


 他には、この作品が野尻さんのこれ以降の作品の基本型になっているような気がしました。
 ヒロインの造形、宇宙、異星人などなど…。
 別シリーズの『ロケットガール』の方は、その内に読むかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
ゆーいちです。

このブログでは特にジャンルを絞らず、自分が読んだ作品の感想を書いていこうと思います。
記事中の作品についての評価は、おススメ度と見てください。

出来るだけ週一程度のペースで更新していきたいと思います。

よろしくお願いいますm(- -)m

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR