大森藤ノ『ソード・オラトリア3』 (GA文庫)

【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)
(2014/12/13)
大森 藤ノ

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆3.5

あらすじ
 先のダンジョン探索において、謎の女性テイマーや階層主・ウダイオスとの激戦を経たアイズは、ついにLv.6に到達した。しかし念願のLv.6に昇格した彼女の表情が冴えないのにはある理由が…。
 一つ、やっと再会できた白髪の少年に再び全力で逃げられたこと。
 一つ、自分しか知らないはずの「名前」をダンジョンで出会ったテイマーの女が知っていたこと。
 そんなアイズを試すように、再びダンジョン探索クエストが彼女のもとに舞い込む。

感想
 『ダンであ』(『ダンまち』?)の外伝の第三弾です。

 外伝ではアイズの方に焦点が当たっているので、本編とは違った視点から同じ世界が描かれているのが良いですね。
 特にこの作品では、本編では語られないアイズの内面的な部分の描写なんかがあって面白いです。
 てか、こっちの作品だとアイズは意外と女の子していて可愛いです。
 本編ではクールビューティーを地で行っているので、ギャップがすごいですがw


 外伝独自の展開としては、何やらオラリオ最強の剣士アイズさんにはある秘密があるようなことが匂わされてきましたね。本編の方にその設定が関わって来るのかはわかりませんが、気にはなる問題ですね。
 本編主人公であるベルくんにも何やらありそうですし…。 以外と二人はお似合いなのかな…。

 そして今回は、本編でも登場してきたあのファミリアのメンバーさんたちも登場してました。

 個人的には、こうした本編に寄り添った話の進め方には好感が持てます
 まったく違った方向から語られるお話というのも好きですが、登場人物が共通しているのなら本編に寄せてくれた方が良いですね。


 最初は違和感があった、はいむらさんによるイラストも気にならなくなりましたw
 断っておきますが、はいむらさんのイラストが嫌いという訳ではありませんのであしからず。本編のイラストとは違うことに由来する違和感です。

そんな色々と本編とは異なる視点で描かれるもう一つの物語ですが、今後の展開も楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR