石田スイ『東京喰種トーキョーグール:re 1』 (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/12/19)
石田 スイ

商品詳細を見る


評価(☆5が満点)
☆4

あらすじ
 ヒトに紛れ、ヒトの肉を喰らう。
 ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在…“グール”

 グールを駆逐・研究する「CCG」は、ある命題を果たすため実験隊集団「クインクス」を新設した。「まともな人間ではない」彼らと、佐々木琲世(ささきはいせ)一等捜査官が東京で向き合うものとは。
 多くの犠牲を払った「あんていく」編から二年。人間とグールの世界を正す、その舞台は「CCG」。

感想
 やっと来ました『東京グール』の続編です♪

 あの唐突な感じのある終わりから、どうなるのかと気を揉んでいましたが、ちゃんと続編がありましたねw あれで終わってたら、それはそれで伝説になれたのかもしれませんが…。
 まぁ、『YJ』で読んでたのでそれほど待った感はなかったんですけど。


 新編の舞台は、第一部(?)とは正反対のまさかの「CCG」
 カネキくんは、波乱万丈を地で行く弩濤の人生を送っていますね。人間⇒グール⇒CCG職員(半グール)って。
 以前の記憶はなくしている(消されている、封じられている)ようで、現状は現状で幸せそうなのでまぁいいのかな?

 「琲世」という名前は、前編の最終話でハコが「はいせ…」とか言っていたのが由来ですかね?
 「珈琲」の「琲」と、「世界」か何かの「世」なのでしょうか?
 白秋か誰からの作品由来でしょうか?

 その他、色々と謎が残されていますが、今後徐々に明らかにされていくのでしょうね。
 ってか、琲世=カネキだとしたら、「あの状態」からよく復活したなカネキくん。 そして有馬さんは何を考えての採用なのでしょうね?


 個人的には、トーカちゃんの登場回まで収録されていたので大満足です♪
 てかトーカちゃん、メインヒロインなのに登場回数が少ない不憫な子です(TДT)  でも綺麗になって再登場してくれたので良いです。

 これからストーリーにどう絡んでくるのでしょうか?
 「アオギリ」に行ったヒナミはどうするのでしょうか?
 今後の展開も楽しみです♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR